占いツクール
検索窓
今日:34 hit、昨日:62 hit、合計:662 hit

非凡な優しさ ページ22

「オッパ手伝うよ!」

BB「ん?ああ、平気平気。女の子は手荒れちゃうと大変だろ??Aは他のメンバーと遊んでていいぞ。」

「でも…」


私が渋ってると、オッパにぽんぽん撫でられた

オッパはえくぼを作って優しい顔をしてる


BB「気持ちはちゃんと受け取ってるから。ありがとうA。

俺はAと料理しながらたくさん話したけど、他のメンバーとはまだだろ?

人の事知るのは早いに越したことはないからな。」

「オッパ……ありがとう……!」

BB「おうっ(^^)」


本当にオッパは大人だ……!

なんか…本当のお兄さんが出来たみたいですごい嬉しい

兄妹ってこんな感じなのかなー??

そう思いながら私は暖かい気持ちでみんなの所に向かった

非凡な優しさ 2 B-BOMB side→←おかしな 2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.2/10 (5 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
16人がお気に入り
設定キーワード:BlockB , block.b   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たんぷん | 作成日時:2017年3月7日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。