占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:5,671 hit

自分に出来る事 ページ16

ジホのすすめで、大荷物はジホの部屋に置かせてもらうことになった


「ごめんねジホ、せっかく大きめの部屋なのに場所借りちゃって汗」


軽く見渡すと、私の荷物が結構場所を取っちゃってるのがすぐわかる


ZC「気にすんな、俺寝るときくらいしかこの部屋使わないし。なんなら俺がいない時も普通に使っていいから。」

「ありがとう」


なんか、こっちきてからジホにお世話になってばっかりで申し訳ない……


ZC「A」

「何?」


いつの間にか落ちてた視線をあげると、ジホは真剣な表情をしてる

なんだろ…ちょっと緊張する……


ZC「もう俺らは他人じゃなくて家族なんだ。だから気使うな。遠慮しないで困ったら真っ先に言え。わかったか?」


家族……そっか……

ジホの言葉は思ったよりも私の胸に染みた


「本当にありがとうジホ……」


私がみんなにできること…あるかな?


ZC「おうっ!今すぐ慣れろとは言わねえからさ、みんないいやつだし信用してくれ!」


ニカッと笑うジホを見て、ふと昼間のジホの言葉を思い出す


『Aはただ、俺たちを撮りたいように撮ってくれればいい。』


私が撮りたいようにみんなを撮る……

ああ、あった

私がみんなにできること……!


「ジホストップ!」

ZC「んあ?」


カシャッ


ZC「あ!!!おまっ……急に何撮ってんだよ!!」


焦るジホをよそにカメラの画面を見る

そこには無邪気に笑うジホの顔が写っていた

その笑顔に、自然と頬が緩む


「ジホ!」

ZC「な…なんだよ」


私は顔を赤くしたジホに、カメラの画面を見せて笑った


「私が撮りたい写真っ!」


私の言葉に目を丸くするジホ

そして照れたような呆れたような表情をして、私の髪をくしゃくしゃにした


ZC「お前はまったく……変わんねぇわ笑」

「ジホの笑った顔も変わんないよ?笑」


久しぶりだ

こうして誰かと、お腹の底から笑い合うのは

その時から

私の不安な気持ちはいつの間にか期待に変わっていった

クッキングマシーン→←じゃんけん大会



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
43人がお気に入り
設定キーワード:BlockB , block.b   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

R(プロフ) - 毎回更新楽しみにしてます! (4月1日 20時) (レス) id: 2a775d9099 (このIDを非表示/違反報告)
toto(プロフ) - 楽しませていただいてます!応援してます(о´∀`о) (4月1日 16時) (レス) id: aef32fdf46 (このIDを非表示/違反報告)
らな(プロフ) - 面白いです(^^)続きってます!!! (3月31日 23時) (レス) id: 20d6271c1a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たんぷん | 作成日時:2017年3月7日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。