占いツクール
検索窓
今日:55 hit、昨日:30 hit、合計:29,471 hit

会う ページ5

.






『…っ、久しぶり』
「…久しぶり、ヒナちゃん」




あかん。
今すぐにでも抱きしめたい。
キスしたい。くっつきたい。
だいぶ伸びた髪の毛触りたい。


…でも、そうはいかんくて。
ここは楽屋。珍しく俺が1番乗り
やって、次に来たのがヒナやった。

…まだ誰も来んかな。
いや、もう集合時間やし来るよな。
まだメンバーには俺らのこと
話してないからくっついたり
できん。あぁ、こんなに近くにいるのに。





『……』
「…ん?」
『…隣、』
「…あ、来る?」
『……ううん、やっぱいい』



なんでや。
明らか隣座りたいって顔してるやん。
マスクしてても分かるわ。

俺の前通って奥のソファに
座ろうとするヒナの腕を
掴んで俺の横に座らせた。

もうええわ、この際。
メンバーにも今日言お。

…聞かれたら。




『あかん、て…みんな来る、』
「ええやん。聞かれたら言えばいい」
『でも、』
「俺は、ヒナちゃんにくっつきたいの」
『…そんなん俺も、やし』




いつもMCやMCでなくても
自分の番組やなくても
ハキハキして前で喋る
堂々としてるヒナちゃんは
俺といるときはすごい
弱くなって可愛い。
甘えてくれてるんかな。

そっ、と。
入り口からギリギリ見えれんくらいで
ヒナちゃんの手に触れた。




『…んはっ、なんやねんな』
「…なあ、今日家きてや」
『…ええん?』
「うん。帰りスーパー寄ろ」
『何食べたい?』
「ん〜オムライス」
『オムライス?…まあええけど』
「ケチャップでラブって書いてや」
『はあ?絶対嫌やわ』
「じゃあ俺が書く」
『…好きにせえ』
「んふふ」



いつの間にか肩が当たるくらい
くっついてて、繋いでた手は
ヒナの頭に伸びていた。
もう、このときは
メンバーがどうのこうの、なんて
忘れてたわ。




『髪の毛切りに行かな』
「伸びたな」
『うん。邪魔やわ』
「長いのも好きやで」
『そうか?』
「おん」
『ん〜や、切るわ』
「そこは切らんとこってなるとこちゃうの?」
『邪魔やもん』
「…まあ短いのも好きやけど」
『なんでも好きやん』
「だってヒナちゃんやもん」
『……ありがと』
「…ふはっ、顔真っ赤やん」




あ〜早よ収録終わらんかな。
スーパー寄って家帰って、
オムライス作って食べて
テレビ見てゴロゴロして
一緒にお風呂入ってベッドで
一緒に寝る。それだけでいいから、さ。





(まるぅ、いつ入る?)
(…もうちょっと待とか?)
(横ちょ大胆やな〜!)

心配→←おめでと



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (73 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
134人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 横山裕 , 村上信五
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

真理(プロフ) - ありがとうございます。 (1月24日 22時) (レス) id: ebe88a5abd (このIDを非表示/違反報告)
雨悠(プロフ) - pomさん» 返信ありがとうございます!ゆっくりで大丈夫です!pom様のペースで!楽しみにしています! (1月17日 14時) (レス) id: de14c26198 (このIDを非表示/違反報告)
pom(プロフ) - 雨悠さん» 楽しみにしていただきありがとうございます!パスワードはkanjani8となっております!なかなか更新できず、パスワードをかけました。こちらのお話も全く更新できず、申し訳ありません! (1月17日 13時) (レス) id: f223fa30a9 (このIDを非表示/違反報告)
雨悠(プロフ) - いつも楽しみにしています!愛屋乃鳥を読みたいのですがパスワードはどこでわかりますか? (1月17日 13時) (レス) id: de14c26198 (このIDを非表示/違反報告)
真理(プロフ) - pomさん» かしこまりました!リエストに応えて下さりありがとうございます!楽しみしてます! (12月11日 13時) (レス) id: ebe88a5abd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:nann | 作成日時:2020年4月30日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。