占いツクール
検索窓
今日:42 hit、昨日:32 hit、合計:76,696 hit

. ページ49

大倉忠義side


子犬みたいな目で手を伸ばしてくるあっくん


忠 「お!やるか〜!せーのっ!たかいたかーい!」

彩 「キャ〜〜〜!!!」

隆 「あっくん良かったな〜パパのより高いから景色良いやろ〜」


たかいたかいなんてめっちゃ久しぶりにやったから
懐かしすぎて何回もやってしまった


忠 「懐かしくて泣けてくるわ」

隆 「可愛いやろ〜」

忠 「このサイズ感なんなんマジで!ちっちゃいな〜かわええ〜」


莉紅もこのくらいのサイズだった頃の記憶が蘇ってきて普通に泣けそう

この後もたくさんマルちゃんと一緒にたかいたかいを繰り返すと、ご機嫌になった双子ちゃん



隆 「いや〜大倉来てくれてほんま助かったわ〜」

忠 「ハッハハよかったわそれなら」



時間はもう8時半

忠 「あ、2人はもうお風呂はいったん?」

隆 「そう!Aが済ましてくれた!」

忠 「すごいな〜Aちゃん、普段から手際めっちゃええんちゃう?」

隆 「いやこれがホント凄くてさ〜、僕1人じゃ出来ないことをなんでもしてくれはるからさ〜」

忠 「良い人見つけたなマルちゃんも」


なんて双子ちゃん達の頭を撫でて寝かしつけながら
ずっと2人で話していた

ウトウトしていて目がトロ〜ンってなってる


忠 「やっば。可愛すぎやろこの2人」

隆 「こっちゃん寝たわ」

忠 「あっくんも、もうすぐや」


小さな2人の寝息が響き渡る部屋で
しばらく無言で2人の寝顔をずっと見ていた



そして俺のお腹もかまって欲しいと言わんばかりに
大きい音を立てて鳴いた


忠 「やっば」

隆 「少ないけどおつまみならちょっとあるから、食べよ〜」

忠 「そうしよっか」






リビングでマルちゃんが出してくれた柿ピーとかチーズとか色んなおつまみを食べながらまたしょーもない話をしていると


プルルルル



忠 「あ!Aからビデオ電話や!」

出てみると画面いっぱいの愛娘の顔が


忠 「お!莉紅やん〜〜!!!」

莉 「パパーー!!マルちゃーん!!」

隆 「莉紅ちゃん久しぶり〜!」

莉 「あっくんとこっちゃんはー??」

隆 「もう寝ちゃっとるわ〜」

忠 「莉紅も早く寝るんだぞ〜」

莉 「まだぱぱとしゃべるー」

隆 「ごめんな〜リコちゃん、パパお家に帰れなくて。お陰でマルちゃんめっちゃ助かっとるわ〜」

莉 「パパすーぱーひーろーだね!!」


やばい可愛い
めっちゃ会いたなってもうた
なんでこんなに子供って愛くるしいん??

. (移行)→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (70 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
255人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , エイト , 家族
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ひなもこ(プロフ) - えりこさん» いえいえ!遅れてしまって申し訳ないです(泣) (11月29日 19時) (レス) id: 32ec4eafde (このIDを非表示/違反報告)
えりこ(プロフ) - リクエストありがとうございました。 (11月29日 9時) (レス) id: 3ced46bc05 (このIDを非表示/違反報告)
えりこ(プロフ) - ありがとうございます! (10月2日 14時) (レス) id: 3ced46bc05 (このIDを非表示/違反報告)
ひなもこ(プロフ) - えりこさん» 嬉しいです、ありがとうございます!!了解です! (10月2日 14時) (レス) id: c04561f4aa (このIDを非表示/違反報告)
えりこ(プロフ) - いつも応援させて頂いてます。素敵なお話ですね!よかったら、丸ちゃんファミリーの子育てを、自分のように懐かしく思ったメンバーが、お手伝いしてしまう話が見たいです。設定はおまかせしたいです。大丈夫でしょうか? (9月22日 17時) (レス) id: 3ced46bc05 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:hina.moco | 作成日時:2020年7月9日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。