占いツクール
検索窓
今日:779 hit、昨日:1,095 hit、合計:481,220 hit

▽ 70 ページ27

.









「 ……。」









会場を後にして


彼に連れられて歩く帰り道。









___ Aは、本間に俺に会いたくなかったん?









頭の中を埋め尽くすのは


先輩に言われた言葉だった。









どうして今になって


あんなことを言ってきたの?









あの言い方だとまるで……


まるで先輩は私に会いたかったと


そう思っていたように勘違いしてしまう。









考えれば考えるほど


先輩の本心がわからなくて


モヤがかかったように胸の内を曇らせていく。









.









紫耀「 ……迷ってる?」









突然、繋いでいた手を


彼がぎゅっと握り締めてきた。









「 え……?」









その言葉と込められた力に


顔を上げて彼をみれば


そこにあったのは切ない表情だった。









紫耀「 俺、Aちゃんがどうしても

さっきの奴のとこにいきたいって言うなら

ちゃんと背中を押してあげたいって思う 」







紫耀「 元はと言えば、俺のことが好きで

こうして付き合ったわけじゃないんだし

Aちゃんがそう思うのは仕方ないと思うから 」









並べられた言葉と


噛み締めるような表情に


胸の奥が、きつくきつく締め付けられていく。











「 紫耀く…… 」


紫耀「 って、前までの俺ならそう言ってた 」









「 え……?」









被せるように放たれた言葉に驚けば


背中に回された手がそっと私を抱き寄せて


切ない表情を浮かべたその顔を首元に埋めてきた。









紫耀「 ごめん。俺どうしてもAちゃんを

あいつに渡したくない。だから、」









焦がれるように耳元で囁かれた言葉が


胸の奥底へと響いていく。









紫耀「 少しでも俺への気持ちがあるんだったら

……このまま俺のそばにいてほしい 」









繰り返される強い言葉と


私の体を抱き締める彼は


まるで壊れ物を扱うかのように優しいものだった。








.

▽ 71→←▽ 69



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (891 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3894人がお気に入り
設定キーワード:平野紫耀 , 永瀬廉 , 盒恭た
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ピコラ(プロフ) - えりえり。さん» はじめまして*嬉しいお言葉ありがとうございます!更新頑張っていきますので是非続編の方も宜しくお願い致します^ ^ (5月29日 23時) (レス) id: ea34448a8e (このIDを非表示/違反報告)
ピコラ(プロフ) - 蘭さん» そう言って頂けてとても嬉しいです*どちらと結ばれるのか最後まで是非お付き合い願います^ ^! (5月29日 23時) (レス) id: ea34448a8e (このIDを非表示/違反報告)
えりえり。(プロフ) - こんにちは、はじめまして。ここから失礼します。とても素敵な作品で色々な想いにさせられます。続きも楽しみにしてます。頑張ってください。 (5月28日 16時) (レス) id: e2a00b9ab3 (このIDを非表示/違反報告)
- ピコラさんの作品の中でもこの作品は特に大好きでいつも更新を楽しみにしています!言葉選びや展開にとてもドキドキさせられます。最終的にどっちと結ばれるのか続きが楽しみすぎます。頑張ってください!!! (5月28日 13時) (レス) id: cb16a17b10 (このIDを非表示/違反報告)
ピコラ(プロフ) - arashicさん» 初コメントありがとうございます*何度も読み返してくださっているなんて嬉しい限りです(/ _ ; )更新率を上げられるように頑張りますので続編も是非お付き合い願います!^ ^ (5月28日 11時) (レス) id: ea34448a8e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ピコラ | 作成日時:2019年5月14日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。