占いツクール
検索窓
今日:78 hit、昨日:1,607 hit、合計:461,651 hit

柱合会議 ページ5

蝶屋敷に着き、しのぶちゃんに、義勇さんに話した内容を全て伝えた。


胡「少し赤みがかった色をしたみたらし団子・・・何も無かったはずの所に甘味処があった・・・。とても怪しいですね」

『みたらし団子の色が赤い理由は、もしかしたら・・・』

胡「鬼の血ですね」

『ですよね』


テンポ良く話が進む。すると、義勇さんの鎹鴉が診察室に入ってきた。


鎹「鬼殺隊本部へ緊急集合ー!柱合会議をするー!」


そして、しのぶちゃんと義勇さんと私の3人は、隠におぶられて本部へ向かった。




☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆


御「おはよう、みんな。急に集まってもらってすまないね」

『御館様もご創建のようで何よりです。益々のご多幸、切にお祈り申し上げます』


やったー!今日は私が言えた!なんて思っていると、しのぶちゃんと義勇さん以外の柱が、私の方を見てきた。


不「おいおい。なんでここに鬼がいるんだよォ」

宇「鬼が柱合会議にいるとは、派手に面白いな!」

煉「よもやよもやだ!」

時「君、なんでここにいるの?」

伊「おい、冨岡と胡蝶。さっき2人がその鬼と歩いているのを見たぞ。どういう事か説明しろ。俺は鬼が大嫌いだ。・・・」ネチネチ

甘「ネチネチしてる伊黒さん!素敵!」

悲「間違えて来た所がこことは・・・なんて可哀想な鬼なんだ。南無阿弥陀仏・・・」ジャリジャリ


みんな、言いたい放題言っている。一方、義勇さんとしのぶちゃんは困った顔をしている。
すると、御館様が人差し指を口に当てた。みんな一斉に静かになる。


御「実は、そこにいる鬼はAなんだ」


御館様がそう言うと、みんなの目は点になり、派手柱は顎が外れそうなほど口を開いている。


御「A、みんなに説明を」

『は、はい!・・・実は』


こうなった経緯や、自分が特異体質であることを言うと、派手柱だけでなく、全員が顎が外れそうなほど口を開いた。派手柱の顎はもう外れてしまった。

鬼として、柱として→←謎だらけ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (395 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1257人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 冨岡義勇 , 鬼化   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いちご(プロフ) - りぴとんさん» ありがとうございます!! (3月15日 15時) (レス) id: 88753b0337 (このIDを非表示/違反報告)
りぴとん(プロフ) - いけない。涙が止まりませんこれ。好きすぎるのでリピ読みします。 (3月15日 14時) (レス) id: be206b066d (このIDを非表示/違反報告)
いちご(プロフ) - 空さん» 最後まで読んで頂き、ありがとうございました!他の作品の更新、がんばります!! (3月14日 11時) (レス) id: 88753b0337 (このIDを非表示/違反報告)
- 完結、おめでとうございます!! めっっちゃ、、、 泣きました、、、 感動しました、、、 うぅ、、、 他の作品も読ませていただいてます!! これからも応援してます!! (3月13日 11時) (レス) id: f0ef4d8e3a (このIDを非表示/違反報告)
いちご(プロフ) - あやみんさん» 最後まで読んで頂き、ありがとうございました!これからも頑張ります。 (3月11日 12時) (レス) id: 88753b0337 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いちご | 作成日時:2020年2月13日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。