占いツクール
検索窓
今日:224 hit、昨日:3,203 hit、合計:654,025 hit

◇121.事件では? ページ27

.



ケイト「もー、マジ勘弁。主力選手のトレイくんがいないのしんどいし、また選手選びをし直さなきゃじゃん」

エース「!!選手選び?」
デュース「!!選手選び?」


リドル「なんだいキミ達。
怪我人の部屋にどやどやと集まって」



エースとデュースが選手選びという言葉に過剰に反応したと思ったら、今度はリドル先輩が部屋に入ってきた。



『あ、リドル先輩』

イヴ「こんにちは」

リドル「キミ達も来てたんだね」

グリム「ふな"っ!怒りんぼリドル!」

リドル「怒りんぼって。
キミ達がルール違反しなければ怒らないよ。
トレイ、具合はどう?
何か食べたいものや飲みたいものはある?」

トレイ「そんなに心配しなくて大丈夫って言ってるだろ?」

リドル「でも、その怪我はボクのせいで……」

エース「どういうことッスか?」

リドル「用事があって、昼休みに三年生の教室に行ったんだ。
その時……」




リドル先輩は昼休みに起きた事を話した。


……



『……つまり、階段から落ちかけたリドル先輩を、トレイ先輩が庇って、今に至る。ですか?』

リドル「うん……」

トレイ「お前なら飛行術で受け身が取れてたと思うぞ。俺が勝手にしくじっただけだから、もう気にすらなって」

リドル「でも……」

『リドル先輩は悪くないと思いますよ』

リドル「A……」

『だからといってトレイ先輩も悪くないですよ。
なんせリドル先輩を庇ったんですから。ほら、誰も悪くない』




そう言えばトレイ先輩は「理屈だな」と笑った。


するとエースが僕の耳元で囁く。



エース「A、これってさ……」

『……事件の匂いがするぜ』

イヴ「や、やっぱりこれも……」

『関係あると思う。僕の刑事の勘が言ってるぜ』

エース「お前刑事じゃないだろ」



3人で小声で話していると、僕達の様子が不審だと思ったのか、リドル先輩達がこっちを見ていた。

僕達は笑って誤魔化した。



ケイト「まあ、トレイくんの怪我は残念だけど、
その分リドルくんが超頑張ればいいじゃんっ」

リドル「あ、ああ。そうだね」

ケイト「ささ、もう怪我人はゆっくり休ませてあげよ〜。
退散、退散〜」

『はーい。トレイ先輩、お大事にー』

イヴ「お大事に」

トレイ「ありがとな」




僕達は部屋から出ると、何故かケイト先輩に押されながら出口と反対の方向に歩かされた。




『え、何』

ケイト「キミ達はこっち〜」

イヴ「え」


.

◇122.事件だ→←◇120.お見舞い



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (368 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
951人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

冬雪(プロフ) - もしゅさん» ご報告ありがとうございます (5月18日 12時) (レス) id: 2be363099b (このIDを非表示/違反報告)
もしゅ - 126話のセリフの所サバナクロー寮のハウル・ジャックになってましたよ (5月18日 12時) (レス) id: ded0801b35 (このIDを非表示/違反報告)
冬雪(プロフ) - ベルモットさん» ありがとうございます。僕もリドルとラギーが推しです。 (4月14日 21時) (レス) id: e3ba6a1386 (このIDを非表示/違反報告)
ベルモット - ツイステですよね。私もプレイしています。一番好きなキャラはリドルでしたので、主人公とリドルの関係性が好みでした。 (4月14日 20時) (レス) id: e8970a172e (このIDを非表示/違反報告)
冬雪(プロフ) - アイラさん» ご報告ありがとうございます。 (4月12日 20時) (レス) id: e3ba6a1386 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:冬雪 | 作成日時:2020年4月6日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。