占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:7 hit、合計:246,398 hit

4話 ページ5

貴方サイド

「君、その膨らんだものはなんだい?」

鶴丸が驚いたと言う風に、僕のフードを指差す。

「一期に殴られたんだよ……」

さっき、今剣を危ない目にあわせたと決めつけ、拳骨を喰らった。

実際、君の声が無ければ無事だったんだが……

「よほど強く殴られたんだな。だが、自業自得じゃないのか?」

「それ、皆に言われたよ」

騒ぎを聞きつけた皆は、事情を知ると、

『主が悪い』

『自業自得だよ』

と言われてしまった

また、同じこと……

「だいたい、あれは前からやってたのに……」

「……君、主という自覚はあるかい?」

「ある。あるよ。だけど……」

続きを言おうとしたその時、

ズキッ、と腕が痛んだ。

「ッ!」

そういや、打撲してたの忘れてた。

「どうした?」

急に黙り込んだ僕に、鶴丸が問う。

「悪い。ちょっと用が出来たから、僕行くね」

「え?ちょ、おい!」

鶴丸の声を無視し、自室に向かう。

すると、大広間から声が聞こえた。

「なーんかさ、主って危ないよね」

「そうですね。今剣殿に怪我がなかったのはいいですけど、

もう少し考えて行動して欲しいです」

「まあ、主は頭のネジが数本ぶっ飛んでいるからな。仕方ないさ」

「そういう言い方はねえだろ。もうちっとおぶらーとに包めよ」

「同田貫の旦那、アンタも十分酷いぜ?」

いや、僕からしてみれば皆酷いよ。

「主君が嫌っていうわけじゃないですけど、なんか……」

「闇を抱えてるって感じが、強いんだよね」

「あ、やっぱりそう思う?僕達も、心の闇は深かったけど、

主はそれ以上な感じがして、ちょっと怯える部分が有るんだよね」

5話→←3話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (370 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
804人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 愛され , シリアス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

望月海(プロフ) - 匡さん» ありがとうございます♪早速書いてみます! (2017年5月23日 23時) (レス) id: 546fdd6d80 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 望月海さん» 刀剣たちが主をどう思ってるか箇条書きで書いたらわかりやすいと思いますよ( ̄▽ ̄) (2017年5月23日 1時) (レス) id: 7c11c8ca6a (このIDを非表示/違反報告)
望月海(プロフ) - 匡さん» どんな風にして欲しいとか要望ありますか?態々コメントありがとうございます♪ (2017年5月23日 0時) (レス) id: 546fdd6d80 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 主と刀剣たちの関係性を簡単でいいので、書いて欲しいです。 (2017年5月21日 1時) (レス) id: 7c11c8ca6a (このIDを非表示/違反報告)
シノ(プロフ) - 初コメです。作品のほうすごく私好みで続きが気になります!更新楽しみにしています。 (2017年2月16日 16時) (レス) id: 96383a0c14 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:望月海 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2016年1月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。