検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:984 hit

ページ2

【性格】
契約者に対して本物の母親のように振る舞っており、かなりの過保護。
心配性で不器用だが、何かと尽くしたがり屋で少しお節介。100%善意からの行動だが、ドジを踏んだりして空回ってしまうことも多々ある。
穏やかそうだが全くそうでなく、喜怒哀楽がわりとはっきりしている。
また情緒不安定な面もあり、契約者に拒まれた時など自分の思い通りにならなかった際、ヒステリーを起こす。短気かつメンタルが弱すぎる。そして思い込みが強すぎる。
「私は悪くない。坊や(契約者)のことを想ってやっているのに、それを拒む坊やが悪い」という思考。基本的に自分勝手で自己中心的、精神が未熟。
だが、契約者が自身でない天使などの第三者に傷付けられたときなどは激怒し絶対殺すマンになる。
「契約者を傷付けていいのは私だけ」、というわけでもなく本人は傷付けている自覚がなく「これは教育」と思っている。

だが上記のものは、彼女の坊やである契約者のみに見せる姿である。

普段の彼女は坊や以外の何事にも興味がなく、話を聞いているのか聞いていないのかすらも分からないくらいボーッとしていることがある。
話しかけても返事は返ってこないときの方が多く、話も全く続かない。冷たい。

いつも坊や(契約者)のことで頭がいっぱいなため、他のことは考えたくないしどうでもいいというスタンス。



【セリフ例】

一人称: 私、母さん(対契約者のみ)
二人称:貴方・貴女、おまえ


「── 今、母を呼んだの?呼んだ、呼んだわね?アァ!なんて痛ましい。可哀想に、今母が助けてあげるわ。さァ、母の手を取って……なぜ助けるのか…ですって?フフ、貴方を助けるのに理由なんてないわ。だって、母が子を助けるのは当たり前でしょう? ……貴方はただ、うんと頷くだけでいいのよ、坊や」


「……やめて、私は貴方の母ではないわ。気安く私を母と呼ばないで。呼んで良いのはたった一人、坊やだけなのだから」


「…そう、どうでもいいから、貴方の好きにしてちょうだい。私には坊やがいれば何も要らないし、今のままでも充分幸せだもの」

├→←◆オフィーリア



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定タグ:終末戦記 , CS , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

元素(プロフ) - CS提出ありがとうございます!ま、ママ……でも私に振り向いてはくれない……知ってる…… 不備等ございませんのでこのまま受理させていただきます!今後も当企画をお楽しみください! (6月28日 20時) (レス) @page4 id: 656d2fa00c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:彼方。 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2022年6月28日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。