占いツクール
検索窓
今日:34 hit、昨日:175 hit、合計:55,480 hit

7 ページ8

:









「杠Aは、夏油傑の共犯者の可能性があります。」









Aを指差し、言い放った女の言葉にその場は凍り付いた。

全員の視線が向けられる中、
女は更にAを追い込むように言葉を続けた。









「ひと月程前、夏油傑と彼女が一緒に居るのを見たんです。…とても親密に見えた。きっと前から何か繋がりがあったはずです!」


『……。』







「あの日、戦いが終わった時。泣き崩れる貴女を見たわ。同僚が死んでも何も動じない貴女が、あんなに取り乱すなんて。きっと恋人の死を知ったからでしょう?」


『……。』









何も言わないAの態度を咎めるように
乱暴に頭を掴み、無理やり上を向かせる女。







「仮にも五条さんの許嫁のくせに………。呪詛師と関係を持つなんて…汚らわしい」









怒りよりも軽蔑が濃く映された目で、
そのまま地面に叩きつけられる。




「捕まえて尋問しろ!」

「何人の呪術師が死んだと思ってる!殺せ!!」
「そいつも一緒に処刑にしろ!」









頭の理解に気持ちが追い付かないまま、
堰を切ったように浴びせられるAへの言葉はとにかく不愉快に思えた。


興奮してAを取り押さえようとする術師を夜蛾が制止し、
Aは立ち上がって、深く頭を下げた。









「……杠、反論はないのか?」



『……………………ありません。』









「なんでお前が…。夏油に、脅されていたのか?」



『…いいえ。脅されても、傷付けられてもいません。……彼女の言うとおりです。…私は、夏油傑を愛していました。』

8→←6



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (232 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
693人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 五条悟 , 夏油傑
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ウミナミ(プロフ) - 展開や丁寧な文法に魅入ってしまいました…!好きです! (2月24日 11時) (レス) id: 20cf3f5f40 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 更新楽しみにしています! (2月2日 4時) (レス) id: bfa0e31481 (このIDを非表示/違反報告)
レネット(プロフ) - 好きです… (1月17日 16時) (レス) id: ec8ec8961f (このIDを非表示/違反報告)
酒井 - 更新楽しみにしてます! (1月14日 17時) (レス) id: a5077b13d9 (このIDを非表示/違反報告)
ほし - 新作もめちゃくちゃ好きです。無理なさらず頑張ってください! (1月13日 22時) (レス) id: 6dcdb3b145 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2021年1月13日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。