占いツクール
検索窓
今日:155 hit、昨日:189 hit、合計:54,493 hit

5 ページ6

:









「そんなに嫌なら逃げれば良いだろ。」


『…っ、』







「泣けば助けてくれるなんて期待してんのか?残念だったな。そんな奴ここには居ねえよ。」


『……。』









夜になり、誰も居なくなった部屋で啜り泣く声が聞こえた。

声の主はさっきの少女。

助けてのたった一言の声も出さずに、
ただ憐れまれるのを待つだけの姿に無性に虫の居所が悪くなった。




袖で顔を拭い、
初めて見せた顔。



最初で最後に見た、あいつの弱った顔。








「…、」

『ごめん、なさい…』








生まれて初めて、自分の言葉を呪った。





誰かに勝手に結婚相手を決められて、
それがこんなに弱く、愚図な女である事に腹を立てていた。


今までに何度も見た、
親の地位に胡座をかいて
弱くて着飾るしか脳のない女だと思っていた。



六眼に写るのは、
目の前の少女の中に眠る恐ろしい獣達の影。





あの光景の不快感に気を取られ、
起こっていた事の真意を見誤っていた。








「…っ」









耐えきれず、逃げ出した。

吐き出してしまった言葉を取り繕うことも、
謝ることさえも出来ずに。









:









:









:









少しだけ成長して、高専生になったあいつを見た時。


五条悟の許嫁だからと、
東京校から嫌味を言われても、
京都校の仲間から邪険にされても、
表情ひとつ動かさないあいつを見た時。


もう何も傷付かなくなってしまった姿に、
また自分を責めた。


あの時の言葉を謝らなければいけないのに。
もう泣かなくても済むように、守らなければいけないのに。


何度も傷付ける事しかできない自分が
堪らなく嫌になった。







何も知らずに、
馴れ馴れしく話しかけ、
肩に触れる傑が羨ましかった。









もしあの頃の僕に、
もう少し素直になれる勇気があれば、



ただ君に、愛してると言えていたなら、









今頃きみは、



僕の隣に居てくれたのかな。

6→←4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (230 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
697人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 五条悟 , 夏油傑
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ウミナミ(プロフ) - 展開や丁寧な文法に魅入ってしまいました…!好きです! (2月24日 11時) (レス) id: 20cf3f5f40 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 更新楽しみにしています! (2月2日 4時) (レス) id: bfa0e31481 (このIDを非表示/違反報告)
レネット(プロフ) - 好きです… (1月17日 16時) (レス) id: ec8ec8961f (このIDを非表示/違反報告)
酒井 - 更新楽しみにしてます! (1月14日 17時) (レス) id: a5077b13d9 (このIDを非表示/違反報告)
ほし - 新作もめちゃくちゃ好きです。無理なさらず頑張ってください! (1月13日 22時) (レス) id: 6dcdb3b145 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2021年1月13日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。