占いツクール
検索窓
今日:152 hit、昨日:189 hit、合計:54,490 hit

10 ページ11

:









初めて呼んだ君の名前。




初めて君に話しかけた時、君は苦しそうに泣いていた。

そして今度は、死んでしまいそうなほど辛い顔をしている。









怒る気も、責めるつもりもないけど
それを伝える前に、僕は君にアイツと会わせないといけない。









「硝子、僕だよ。」




解剖室の扉をノックして、部屋の主に声をかける。

返事のない代わりに開いた部屋に入り後ろを振り返ると、
勘の良い君は今にも泣きそうな顔で足を止めた。








『どうして、っ…』


「親友の特権さ。傑って善人ぶって結構根に持つタイプだろ?君に会わせないで埋めたら後で何が起こるか分かんないよ。」









堅く握られた手をとって彼のもとまで連れて行く。

それほど傷を負っていない左側だけ布を取り、
呆れた顔の硝子の所へ下がった。




正直僕を差し置いて彼女に言い寄ったアイツには腹が立つけど、
親に決められた関係に胡座をかいて君を救えなかった僕には、ここで後悔するのがお似合いなのかもしれない。







高専の交流会の時、
僕の許嫁だと知っててやけに馴れ馴れしく話していたあの時、

子どものように拗ねてないで
彼女は僕と結婚するんだと
ちゃんと釘を刺しておけばよかった。

















































『…っ、すぐるさん……、すぐるさん………すぐるさん…―』









硬く、冷たくなった傑の手を両手で握りしめ、声を震わせながら、
ただ何度も名前を呼ぶA。







泣き続ける君に寄り添って慰めたとしても、

僕は傑の代わりにはなれないし、
君を泣き止ませることもきっと出来ない。









「………。」


「大失恋だな、五条。」








「…………まあね。」


「散々言っただろう。素直にならないと後で後悔するって。」









「……説教すんなよ硝子。マジでへこんでるから。」


「はいはい。」

終わり ログインすれば
この作者の新作が読める(完全無料)


←9



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (230 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
697人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 五条悟 , 夏油傑
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ウミナミ(プロフ) - 展開や丁寧な文法に魅入ってしまいました…!好きです! (2月24日 11時) (レス) id: 20cf3f5f40 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 更新楽しみにしています! (2月2日 4時) (レス) id: bfa0e31481 (このIDを非表示/違反報告)
レネット(プロフ) - 好きです… (1月17日 16時) (レス) id: ec8ec8961f (このIDを非表示/違反報告)
酒井 - 更新楽しみにしてます! (1月14日 17時) (レス) id: a5077b13d9 (このIDを非表示/違反報告)
ほし - 新作もめちゃくちゃ好きです。無理なさらず頑張ってください! (1月13日 22時) (レス) id: 6dcdb3b145 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2021年1月13日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。