占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:3,269 hit

ページ42

──それは、真っ暗な空間だった。検討もつかないけれど、とにかく進んで、進んで進んで進んで──現れたのは、焦がれた優しい群青の瞳だった。彼もこちらにずんずんと歩んできて──
 殴った。しかも多分助走つけて殴った。反射で受身を取ったものの、訳も分からず地面に倒れ伏したヴァイスに対して、彼は怒鳴った。
『あぁ? まだアラサーじゃねえか。帰れ帰れ、せめて白髪の比率が俺を越えてから来い! オラ、さっさと回れ右!』
「それで、気づけば病室で寝てた」
 らしいよな、再会の挨拶一つなしだぜ──笑いながらそう言うと──グレイが、冷たい瞳でこちらを見ていた。
「おい、サトリ野郎。てめぇ、病室で寝てたって、まさか後追──」
「そんな馬鹿な。単純に三徹明けで死にかけの時に階段踏み外して気絶してただけだよ。やっぱ、若くねえんだなぁと実感したわ」
 ──それでグレイ、お前実は心配とかしてくれたのか? ん?
 そうニヤつきながら問うてみると、
「心配して損した、くたばれ!」
 グレイはヴァイスの膝裏につま先を勢いよく叩き込んでから、颯爽と屋上を去っていった。
 左足を狙うところが良いのか悪いのか。とにかく立って居られなくなったので、そのまま寝転がって天を仰ぐ。

*→←死に損ないより愛を込めて



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.4/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
8人がお気に入り
設定キーワード:叡智の門は開かれない , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

紫清(プロフ) - くろせさん» いえいえ、くろせさんの素晴らしい小説があったから生まれたものなので……! こちらこそ、ありがとうございました! (9月7日 18時) (レス) id: 85ba6a0490 (このIDを非表示/違反報告)
紫清(プロフ) - 桐箪笥さん» ありがとうございます! 冥土……政士君に追い返されちゃうんじゃないですかね(迷推理) (9月7日 18時) (レス) id: 85ba6a0490 (このIDを非表示/違反報告)
くろせ(プロフ) - これは政士も張り切って待っちゃいますね。また再開した頃にはお返しに1発ぶん殴って欲しいものです(笑) 素敵な文章をありがとうございます! (9月6日 19時) (レス) id: 62819c8559 (このIDを非表示/違反報告)
桐箪笥(プロフ) - あ、いい……(尊死)冥土の土産に貴方様のお話を持って行かせていただきますね! (9月6日 19時) (レス) id: c5094549cd (このIDを非表示/違反報告)
紫清(プロフ) - ▼鏡夜▼さん» 良かったです、リクありがとうございました! (8月12日 23時) (レス) id: 85ba6a0490 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紫清 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年5月14日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。