占いツクール
検索窓
今日:553 hit、昨日:995 hit、合計:62,075 hit

23 ページ23

その声は紛れもなく樹さんだった。

岩陰からこっそり覗いてみると、先程も見かけた美人さんと一緒にいた。

これって、私のこと話してるんだよね?

1発ヤッて終わり・・・?

やっぱり樹さんは噂通りの人なんだ。

今だって、美人さんの腰に手を回してる。

彼女は既婚者だ。


『夜はその子誘うなら、今は私の相手してよ。』


彼女はそう言うと、さらに体を密着させて樹さんに抱きついた。


『お前、欲しがりだな。』


次の瞬間2人の唇が重なって、私は咄嗟に目を逸らす。

怖くなってその場から静かに立ち去った。

私・・・あんな人のこと好きだったんだ・・・。

北斗が忠告してくれてたのに。

そんなことないって心のどこかで思ってた。

あの時北斗を信じてれば、北斗との距離も少しは縮まってたのかも。

なんだか情けなくて涙が出る。

その時、急にうしろから腕を掴まれて。

驚いて振り向けばそこにいたのは・・・北斗だった。


「北斗・・・。」


「・・・なんで泣いてんの?」


「え?!あ、いや、なんでもない・・・。」


慌てて目をこすり涙を隠そうとしたけど北斗の大きな手に阻止される。


「こすったら赤くなる。」


「うん・・・。」


「田中樹のことで泣いてんだろ?」


「ち、違うっ!」


違わないけど・・・違う。

樹さんのこともショックだったけど

この涙は北斗に嫌われてる自分が情けなくて出てきたの。


「じゃあ何?」


怪訝そうな顔で問い詰める北斗。

そんな、正直に言えるわけないじゃん・・・。


「・・・まぁ、言いたくないならいいけど。」


言いたくないんじゃなくて言えないの。

だって叶わないってわかってるのに。


「1人で泣くなよ。」


「え?」


ふわりと抱きしめられる。

期待させないでよ・・・。諦められないじゃん・・・。

24→←22



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (145 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
819人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 松村北斗 , 田中樹
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

nico(プロフ) - けーぽさん» けーぽ様も嬉しいお言葉をありがとうございます!励みになります(*^_^*)ぜひ最後まで読んでくださいね! (9月17日 9時) (レス) id: ff1b21ec86 (このIDを非表示/違反報告)
nico(プロフ) - jesstanさん» コメントありがとうございます!なんて嬉しいお言葉(;O;)!ゆっくりな更新ですが、最後までよろしくお願いします。 (9月17日 9時) (レス) id: ff1b21ec86 (このIDを非表示/違反報告)
けーぽ(プロフ) - jesstanさん» 私も作者さんが更新するたびに10評価押してるんですけど、なぜだか「すでに投票済みです」って出るんですよ。なんでなんですかね。(笑) (9月14日 16時) (レス) id: 386d70d567 (このIDを非表示/違反報告)
jesstan(プロフ) - いつも楽しみに読ませていただいてます! 北斗くんの不器用そうなとことかすごくうまく表現出来てて10評価何回押しても押し足りません!(笑) これからも更新頑張ってください!! (9月14日 16時) (レス) id: d213c6b11b (このIDを非表示/違反報告)
nico(プロフ) - キミさん» コメントありがとうございます!この先どういう展開になるのか・・・まだ決めてません(笑)でもハッピーエンドにしたいと思ってるので、ぜひ最後まで読んでくださいね(^O^) (9月12日 13時) (レス) id: 574a4ea1f7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:nico | 作成日時:2019年8月18日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。