占いツクール
検索窓
今日:81 hit、昨日:108 hit、合計:57,438 hit

#礼には及ばず ページ8

ー中原sideー


ふと携帯のバイブが振動して、ポケットに手を突っ込んで画面を開けば表示されたのは"首領"という文字だった。


首領エリスちゃんと合流したよ。A君が見つけてくれた。


おぉ…………やるじゃねぇか彼奴。
A本人は謙虚か何なのか自分はモテないとか云うが何だかんだ面倒見も良いのでよく女の視線が向いている。

それも無自覚なのか知らねぇが塩対応で素っ気ないからこういうの、ツンデレ?とかいうのが好きな奴からすればどタイプなのだろう。



中原中也了解しました




一言、首領に連絡して急いで待ち合わせた場所へ向かった。



.




『……中原さん』

中「おう、エリス嬢見つけたのか。ありがとな」

『見つけられて良かったです』

中「それより……その荷物なんだ」




『これですか?』と両手に抱えて持っているのはスーツのブランドメーカーの紙袋。
首領がいるのなら何時も持っているのはドレスとかの紙袋なのだが…

ふと騒ぎ声がして其方の方を見れば、




エ「リンタロウ!やっぱりこっちにしましょ!」

森「エリスちゃんが選ぶなら私全裸でも良い!」

エ「キモいわリンタロウ!!!」

森「辛辣だけど可愛いから許すッ!!!」




_____そういう事か

どうやらAに相当世話になったらしいな。




『んじゃ、俺はこれで……』

中「ん?あぁ、引き留めちまって悪かったな」

森「あれ?もう行ってしまうのかい?」

『午後からの仕事依頼があるので。』

エ「仕事なら仕方ないわね!また遊びましょ!」





エリス嬢に相当懐かれる一般人なんていねぇぞ?……まぁ一般人と関わらせる事なんて滅多にないし、もしや首領……。
Aをマフィアへ勧誘しようとしてんのか?




森「また何かあったら頼むよ」

『分かりました。またいつでもご連絡を』

中「それまでに少しは表情のレパートリー増やしとけ」

『……』

中「だーかーらー!手前ェッ!身長見てんじゃねぇぞ!?」




次会ったら圧死させてやりてぇ……




そんな事を考えながら、俺らから遠のいていくAの背を見送った。


.

#睡眠時間→←#お兄さん感



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
318人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 探偵社 , マフィア
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

赤珠 - 完結おめでとうございます!!雫さんの一ファンとして他の掛け持ち作品も楽しみにしています! (8月18日 20時) (レス) id: 8dc3cc174c (このIDを非表示/違反報告)
557*ココナ(プロフ) - 完結おめでとうございます!お疲れ様でした。 他の掛け持ち作品も頑張ってください!! (8月18日 20時) (レス) id: 5b405d618a (このIDを非表示/違反報告)
赤珠 - なら夢主さんの写真ください作者様← (8月1日 22時) (レス) id: 8dc3cc174c (このIDを非表示/違反報告)
ちくわさん(プロフ) - 赤珠さん» フハハハ!残念だったな!← (8月1日 21時) (レス) id: 085b7fa5ef (このIDを非表示/違反報告)
赤珠 - ちくわさんさん» なん…だ…と…←← (8月1日 21時) (レス) id: 8dc3cc174c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年7月12日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。