占いツクール
検索窓
今日:23 hit、昨日:14 hit、合計:204,365 hit

episode.37「優勢」 ページ38










「か、可愛い」

「え゛、あれが…?」





私はケージと遊園地に来ている。

普段なら人が多すぎてチケットさえも買えないのだが、
ケージは予め買っていたらしい。


(私が断ったらどうするつもりだったのさ)





「ちょ、ケージ写真撮って!」

「はいはい」





その遊園地のモブのモブであろうキャラクター。

ものすごく可愛いのだが、ケージは少し引いている。


(可愛いのにぃ…)





「撮るよ、」





カシャっと音が鳴る。





「うっはぁ、可愛い…」

「……わからん」





その後も写真を撮りまくって
遊園地を満喫した。





「A、そろそろ乗り物に乗ろ」

「あ、そだね!遊園地に来たんだから乗らなきゃね!」





準備周到なケージは、ファストパスを既にとっており、
人気な乗り物にすぐに乗ることができた。





「はぁぁ、楽しみだーっ」

「うわ、たっか」





鉄仮面を極めているケージが
少しだけ焦ったような顔を見せた。


(ほほう、怖いのかぁ?)





「ケージケージ、見て見て、人めっちゃいる」

「え、あーうん、そうだね」

「…ケージぃ、もしかして怖いのぉ?」





そう悪戯に聞いたら、むっとした顔をされた。





「はぁ?なんで。てか怖くないし」

「ほんと〜?すごい手震えてるけど?」





細かに震えた手。


(ふふ、ケージの弱点発見。)





「ほらほらー、私が繋いであげるよ〜?」

「……クソッ、あとで覚えとけよ」





ギリギリとしているが、
今は私のほうが優勢だ。

ぜんぜん怖くない。





「あ、おちる」





その瞬間のケージの顔は
一生忘れることはないだろう。








episode.38「意地」→←episode.36「ツボ」



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (241 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
275人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 無気力組 , 同居
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

無気力さん(プロフ) - あくとさん» 遅くなってしまってすみません!ありがとうございます!頑張ります! (2018年3月30日 21時) (レス) id: 14336173ff (このIDを非表示/違反報告)
あくと - 続き楽しみにしています。 (2018年2月4日 15時) (レス) id: e7f9e66541 (このIDを非表示/違反報告)
無気力さん(プロフ) - アカアシモリフクロウラヴさん» しちゃうぜ〜〜!笑( *´艸`)ムフフ/// (2017年8月24日 23時) (レス) id: b833ef5e1c (このIDを非表示/違反報告)
アカアシモリフクロウラヴ(プロフ) - 無気力さんさん» 確かにねw月島イチャイチャして!是非ともぉぉ!!ww (2017年8月18日 19時) (レス) id: 1bd6eb8b1e (このIDを非表示/違反報告)
無気力さん(プロフ) - アカアシモリフクロウラヴさん» やーやー!といっても、こみゅにはちゃっかり来ちゃってたり笑 月島やばいよー、もっといちゃいちゃさせたい…! (2017年8月16日 12時) (レス) id: b833ef5e1c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:無気力さん | 作者ホームページ:http  
作成日時:2016年8月19日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。