占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:61 hit、合計:177,433 hit

9 ページ9

「じゃあ、おやすみ」



午後9時を回った頃、



紫耀くんはそう言って帰って行った。



よく考えてみたら、



遅くに男の子を部屋に入れるなんて不用心だって



パパに叱られそうだな、と思った。



幸い、全然バレなかったけど。



でも、紫耀くんは普通に友だちとして接してくれる



優しい人だから大切にしたかった。



それに、ずっと1人でいるのは寂しかった。



私の隣にはずっと“あいつ”がいたから。



“あいつ”は私の1番の友だちで、



1番の憧れで。



そして、紛れもなく唯一の“恋人”だったから。



食器を洗いながら、“あの時間”を待つ。



ブー……ブー……ブー……



午後10時、今日もきっかりの時刻。



テーブルの上に置いたスマホが振動する。



相手が出ないとわかっている着信に



今日も意味もなく応答する。



プツッ……という虚しい音がして回線が切れる。



1人きりの部屋で、ちょっとだけ怖くなる。



でもその番号を着信拒否したりなんてしない。



だって……

〒10→←8



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (378 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
616人がお気に入り

アイコン この作品を見ている人にオススメ

関連作品 アイコン 「永瀬廉」関連の作品

プレイリスト この作品を含むプレイリスト ( リスト作成 )

設定キーワード:King&Prince , 永瀬廉 , 平野紫耀
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

霧咲シク(プロフ) - 少しゾクッとするけど感動につながるお話でした。とても好きな系統のものです。私も乙一さんの作品が好きで全部持っているのですが、感性が似ているのでしょうかね(笑) (4月24日 12時) (レス) id: 3e7e32bd96 (このIDを非表示/違反報告)
夜木(プロフ) - りこさん» ありがとうございます。嬉しいです。 (3月8日 13時) (レス) id: d5d87e187c (このIDを非表示/違反報告)
りこ(プロフ) - 凄くいい話で泣いてしまいました。 (3月7日 19時) (レス) id: 6969111b91 (このIDを非表示/違反報告)
夜木(プロフ) - yuzu_aaaさん» お読みくださりありがとうございますm(_ _)m (3月3日 2時) (レス) id: d5d87e187c (このIDを非表示/違反報告)
夜木(プロフ) - さくらさん» ありがとうございます。嬉しいです。 (3月3日 2時) (レス) id: d5d87e187c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:夜木 | 作成日時:2019年2月25日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。