占いツクール
検索窓
今日:44 hit、昨日:22 hit、合計:177,207 hit

16 ページ16

「……A……」



いつもより舌足らずな発音で名前を呼ばれて



ちょっとびっくりしながら隣を見ると



私の肩に首を預けた紫耀くんの綺麗な寝顔がある。



初めての夜行バスは思ったより窮屈で



暖房もあまり効いていなくて寒かった。



“あいつ”もこんなバスに乗ったのかな、



と思うと通時的に感覚を共有しているようで



ちょっとだけ嬉しくなる。



ちょうど今紫耀くんという新しい恋人と



旅行に来ている私に



そんなことを思う資格はないのだけど。



紫耀くんと付き合い始めてからも、



相変わらず毎日無言電話がかかってきた。



けれど私がその電話に出ることはなくなった。



出ても出なくても、結果は変わらないだろうけど。



それでも……



私はその無言電話をただのいたずらだとか



悪質な嫌がらせだなんて思っていなかったから。



だから、もう出られなかった。

17→←15



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (378 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
617人がお気に入り
設定キーワード:King&Prince , 永瀬廉 , 平野紫耀
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

霧咲シク(プロフ) - 少しゾクッとするけど感動につながるお話でした。とても好きな系統のものです。私も乙一さんの作品が好きで全部持っているのですが、感性が似ているのでしょうかね(笑) (4月24日 12時) (レス) id: 3e7e32bd96 (このIDを非表示/違反報告)
夜木(プロフ) - りこさん» ありがとうございます。嬉しいです。 (3月8日 13時) (レス) id: d5d87e187c (このIDを非表示/違反報告)
りこ(プロフ) - 凄くいい話で泣いてしまいました。 (3月7日 19時) (レス) id: 6969111b91 (このIDを非表示/違反報告)
夜木(プロフ) - yuzu_aaaさん» お読みくださりありがとうございますm(_ _)m (3月3日 2時) (レス) id: d5d87e187c (このIDを非表示/違反報告)
夜木(プロフ) - さくらさん» ありがとうございます。嬉しいです。 (3月3日 2時) (レス) id: d5d87e187c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:夜木 | 作成日時:2019年2月25日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。