占いツクール
検索窓
今日:263 hit、昨日:323 hit、合計:3,072 hit

49話 ページ2

夕陽が窓から差し込んでくる。
音楽室は4階だから、そこから眺める景色は綺麗だったけど、少し眩しい。

カーテンを閉めて、またピアノを弾く。
ミスタッチは気にせずに、感情を込める。

一曲弾き終わり、ため息をつく。
そろそろ帰る時間か。
ふと顔を上げて、私は初めて入口に誰かが立っているのを見つけた。

「……深淵、先生」

そういえば部活もサボってたんだった。
怒られるかなーと思いながら先生を見る。
先生は黙って私のそばまで来て、口を開いた。

その口から出たのは予想していたような言葉ではなかった。

「何の曲だ?」

私はやや拍子抜けしながら答える。

「『悲愴』の第一楽章です」

先生は笑った。

「ぴったりな曲名だな」
「はい」

私は先生を見上げる。

「何かリクエストがあれば練習してきましょうか?」

彼は残念そうに鍵盤に手を触れ、呟いた。

「音楽には疎いから、猫踏んじゃったくらいしか知らない」
「それならすぐ弾けますよ」
「じゃあ弾いて」

私は鍵盤に指を置き、軽快に、メロディーを奏でる。
歌詞をよくよく考えると楽しいどころではないが、メロディーだけなら愉快な曲だ。

50話→←48話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
270人がお気に入り
設定キーワード:先生×生徒 , 教師 , ドS , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:餅屋 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年11月30日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。