占いツクール
検索窓
今日:27 hit、昨日:85 hit、合計:196,810 hit

ページ33






「らうる」



出てこいって手を上下させると、恐る恐る地下から上がってくる。



「月……もう、夜」

「らうる?」



下弦の月を見て、らうるの呼吸が段々と浅く早くなっていく。

カタカタと歯列が揃わなくなって「さっくん」と、とても弱々しい声に、その時漸く佐久間はハッと気付いた。


何かに見られてる?


ゾクゾクと背中に汗が伝って、半妖とはいえ鬼である佐久間が恐怖を覚えてる程の気配がすぐそこにある。




「だめだよ、もう、だめだ、夜はだめ」

「は?」



夜である事に酷く怯えてるらうるに手を伸ばそうとした時、シュッと素早く白い何かがらうるの胴体に巻き付いた。



グイッと体が持っていかれそうになる時、らうるの青ざめた顔が目に焼き付いた。




「らうるっ!? ……なっ、」

「ふふふ」




下弦の月が雲から顔を出し、辺りが明るくなって目の前にあった大木の枝にのっしりと巻きつついた太い胴体、チロチロと見え隠れする赤い舌、ギロっと佐久間を睨む金色の瞳。





「……やっぱり、蛇女か」



白く美しい大蛇、余裕で人一人を丸呑みできるくらいのデカさ。



「うー! ううっ」

「煩いねぇ。お黙り坊や」

「うっ!」



暴れるらうるにチロチロと舌を出して、グッと巻き付く力を強めた。

すると呻き声をあげたらうるは一瞬で気を失った。


ざっと土を踏んだ佐久間だけど、下手に動けない。




「この子はね、ずっと目をつけてたんだ。食べ頃になるまで、美味しくなあれ美味しくなあれと待っていたと言うに、急に我の前から姿を消したから困っておったわ」

「そういう事ね。お前が、らうるの知り合い達を夜な夜な連れ去っていたわけかい」


鼻がきくおかげで、だいたいこの土地に住まう妖怪の気配には気づいてたけど、まさかここまで肥えた大蛇だとは思わんかったわ。



スっと懐から二本の扇子を取り出し、バサッと広げた。





「やり合うか? 鬼の若造が」

「………」



つうと額から汗が伝う。

ニヤニヤと笑う蛇女目掛け、飛び跳ねた。


扇子をバサッと仰いで風を起こせば、たちまち竜巻となり蛇女に襲いかかるけど、「あっ!」と声を上げた時には既に遅い。

人質に取られていたらうるを竜巻に向けやがった。



「くそっ、」


自ら起こした竜巻に、無理矢理体勢を変えて木を脚で蹴り竜巻へと飛び込む。



バシュバシュッと着物が切れていく。





.

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (495 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1806人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 佐久間大介 , 妖怪
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆきんこ(プロフ) - あいちゅんさん» 長くなりましたので、2回にわけてのお返事失礼します。楽しみにしていただいてるようなのに、ご期待に添えずに申し訳ありません(>_<) 裏は載せられませんが、それ以外でも楽しんでもらえるように頑張ります! (12月13日 10時) (レス) id: 47adab0070 (このIDを非表示/違反報告)
ゆきんこ(プロフ) - あいちゅんさん» あいちゅん様、大ファンなんて嬉しいお言葉に舞踊っております!ありがとうございます!初夜のお話についてですが、その他の裏のお話しに関しても書き始め当初から制限できるTwitterのみ掲載すると決めておりまして、本番行為はこちらには載せられません(汗) (12月13日 10時) (レス) id: 47adab0070 (このIDを非表示/違反報告)
あいちゅん(プロフ) - はじめまして。ゆきんこさんの作品大ファンの者です。お願いがあるのですが、私はTwitterのアカウントを持っていないので初夜のお話が楽しめません>_<privatterではなく普通の投稿にしていただけないでしょうか…? (12月13日 4時) (レス) id: bf15d374dc (このIDを非表示/違反報告)
ゆきんこ(プロフ) - 祐莉さん» 照くんや、残りの二人がどのように登場するかも楽しみに待っていてください(^^)最後まで面白かったと言ってもらえるように頑張ります! (12月3日 12時) (レス) id: 83fde2196b (このIDを非表示/違反報告)
ゆきんこ(プロフ) - 祐莉さん» そうですね。新章では、前回活躍してくれた二人は出てこないのですが、その代わりに前半に少し登場した翔太くんたちが出ます(笑)なのでまた違った雰囲気を楽しんでもらえたらいいんですが! (12月3日 12時) (レス) id: 83fde2196b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆきんこ | 作成日時:2020年12月1日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。