占いツクール
検索窓
今日:182 hit、昨日:520 hit、合計:198,333 hit

ページ30





俺は一人になった。

だけど十六になっていた俺は、めめのおかげで一通りの事は出来たから、とりあえず生きている。




「上里様、本日の貢物を持ってきました」



めめが居なくなるまでは、めめがやっていてくれた事を一人になっちゃったから上里様に貢物を持って行くのも俺自身がしなくちゃいけなくなった。

俺も連れて行ってよってお願いしてたけど、めめは絶対に駄目って言い張って連れて行ってくれなかったから。

でも結局こうして来なきゃいけないんだから、やっぱり連れて来てくれても良かったって思うんだよね。



「お前は猿吉だな?」

「……は、はい」



初めて声をかけられた。

凛と澄んだ声だ。

笠を被ってて顔はよく見えないけど、俺よりは小柄だった。



「もっと顔をよくお見せ?」

「………」


伏せ気味だった顔を、言われるままにゆっくりと上げる。

なんだろう。すっごく怖い。

声色は優しいと思うし、何も酷い事を言われてるわけじゃないのに。


「ほほう」

「………」



つうと汗が額から顎へと流れ落ちた。




「ふふ、もう下がっていいぞ」

「…はい。ありがとうございました」



今日も貴方の下で働けて光栄です。と言う意味を込めて、必ずお礼を行って部屋を出なきゃいけない。

それを教えてくれたのは、隣の部屋に住んでる女の子だった。




「猿くん、大丈夫だった?」

「うん、何もなかったよ」



俺より二つ歳上のお花ちゃん。

めめが居なくなってからは、このお花ちゃんが分からない事は教えてくれる。


笑顔が可愛くて凄く優しいの、でもお花ちゃんは視力が生まれつき弱いらしくて僅かにしか見えないんだって。


だから兄弟が多かったせいもあって、お荷物になりそうなお花ちゃんは此処に売られたんだとか。

まったく酷いよね。子供をなんだと思ってんだよ。



「なら良かった。私ね目が悪いからか、人より耳が良いの」

「うん」

「最近、私たちの部屋の周りを何かが這いずるような音がする。何もないといいんだけど」

「………」



這いずる音?

そんなもの俺には聞こえない。




.

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (496 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1802人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 佐久間大介 , 妖怪
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆきんこ(プロフ) - あいちゅんさん» 長くなりましたので、2回にわけてのお返事失礼します。楽しみにしていただいてるようなのに、ご期待に添えずに申し訳ありません(>_<) 裏は載せられませんが、それ以外でも楽しんでもらえるように頑張ります! (12月13日 10時) (レス) id: 47adab0070 (このIDを非表示/違反報告)
ゆきんこ(プロフ) - あいちゅんさん» あいちゅん様、大ファンなんて嬉しいお言葉に舞踊っております!ありがとうございます!初夜のお話についてですが、その他の裏のお話しに関しても書き始め当初から制限できるTwitterのみ掲載すると決めておりまして、本番行為はこちらには載せられません(汗) (12月13日 10時) (レス) id: 47adab0070 (このIDを非表示/違反報告)
あいちゅん(プロフ) - はじめまして。ゆきんこさんの作品大ファンの者です。お願いがあるのですが、私はTwitterのアカウントを持っていないので初夜のお話が楽しめません>_<privatterではなく普通の投稿にしていただけないでしょうか…? (12月13日 4時) (レス) id: bf15d374dc (このIDを非表示/違反報告)
ゆきんこ(プロフ) - 祐莉さん» 照くんや、残りの二人がどのように登場するかも楽しみに待っていてください(^^)最後まで面白かったと言ってもらえるように頑張ります! (12月3日 12時) (レス) id: 83fde2196b (このIDを非表示/違反報告)
ゆきんこ(プロフ) - 祐莉さん» そうですね。新章では、前回活躍してくれた二人は出てこないのですが、その代わりに前半に少し登場した翔太くんたちが出ます(笑)なのでまた違った雰囲気を楽しんでもらえたらいいんですが! (12月3日 12時) (レス) id: 83fde2196b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆきんこ | 作成日時:2020年12月1日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。