占いツクール
検索窓
今日:35 hit、昨日:104 hit、合計:196,637 hit

ページ22





ちゃぷちゃぷと、お湯を叩いて遊んでみる。

はあ、気持ちいい。

とても良いお湯加減で、ますます申し訳なく思うけど翔太さまが言うことも一理あると思ってしっかり温もる。



お風呂から出たら、ほやほやと火照った顔の翔太さまが廊下で立っていて、



「温まった?」

「え、はい」


頷くと「そうか」と、少しだけ口角を上げて微笑んだ。

な、なんだなんだ?



「あれ舘様は?」

「あいつならとっくに風呂を出て部屋に戻ってる。俺がお前を待ってると言ったんだ」

「……そう、ですか」




背中を向けて部屋へと歩き出した翔太さまの後を慌てて追いかけた。

待っていたのなら歩き出す前に一言声をかけてください。




部屋に戻ると本当に先に部屋に居て、用意された三人分のお膳の前に座って待っていた舘様。



「それではいただきましょうか」

「いただきます」



とても静かな夕餉だ。


旅に出る前は佐久間さまと翔太さまが一々喧嘩するものだか、食べ始めるのさえなかなかだった。

そして最中も事ある事に佐久間さまが翔太さまに何かを仕掛ける。



「あ、」


翔太さまが皿の上の焼き魚を箸で摘んでキョロキョロしていた。


たぶん佐久間さまに取られると危機を察知したからこそなんだけど、生憎とその相手は此処には居ないです。



「う、ううんっ!」

「ふふ」


頬を染めながら咳払いなんてして、意外にも佐久間さまの存在は大きいんだなと感じた。









お風呂もすみ、夕餉もすんだら後は寝るしかない。


見事に三客分の布団が横一列に並んで敷かれていて、翔太さまは無言で右端に、舘様は左端。


え、てことは私が真ん中ですか?




「なんでですか、普通は安全を考えたらお殿様が真ん中じゃ」

「…だからだろ。安全を考えてお前を真ん中にしてんの。第一野郎と並んで寝たくねえし」

「それは同意見です。俺だって流石に殿の隣で寝るのは御免だ」



刀を枕元に並べいつでも取れるようにして布団に入る二人。

時々感じるこの二人の違和感ってなんだろう。

殿の付き人にしてはちょっと軽いというか。

でもお互いの信頼度は凄い。


いそいそと布団に入ると、考え事をしていたはずの脳は一気に睡魔に襲われる。




「おやすみなさい、翔太さま、舘様」

「「おやすみ、姫」」



とてもとてもあたたかい声が左右からした。




.

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (495 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1806人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 佐久間大介 , 妖怪
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆきんこ(プロフ) - あいちゅんさん» 長くなりましたので、2回にわけてのお返事失礼します。楽しみにしていただいてるようなのに、ご期待に添えずに申し訳ありません(>_<) 裏は載せられませんが、それ以外でも楽しんでもらえるように頑張ります! (12月13日 10時) (レス) id: 47adab0070 (このIDを非表示/違反報告)
ゆきんこ(プロフ) - あいちゅんさん» あいちゅん様、大ファンなんて嬉しいお言葉に舞踊っております!ありがとうございます!初夜のお話についてですが、その他の裏のお話しに関しても書き始め当初から制限できるTwitterのみ掲載すると決めておりまして、本番行為はこちらには載せられません(汗) (12月13日 10時) (レス) id: 47adab0070 (このIDを非表示/違反報告)
あいちゅん(プロフ) - はじめまして。ゆきんこさんの作品大ファンの者です。お願いがあるのですが、私はTwitterのアカウントを持っていないので初夜のお話が楽しめません>_<privatterではなく普通の投稿にしていただけないでしょうか…? (12月13日 4時) (レス) id: bf15d374dc (このIDを非表示/違反報告)
ゆきんこ(プロフ) - 祐莉さん» 照くんや、残りの二人がどのように登場するかも楽しみに待っていてください(^^)最後まで面白かったと言ってもらえるように頑張ります! (12月3日 12時) (レス) id: 83fde2196b (このIDを非表示/違反報告)
ゆきんこ(プロフ) - 祐莉さん» そうですね。新章では、前回活躍してくれた二人は出てこないのですが、その代わりに前半に少し登場した翔太くんたちが出ます(笑)なのでまた違った雰囲気を楽しんでもらえたらいいんですが! (12月3日 12時) (レス) id: 83fde2196b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆきんこ | 作成日時:2020年12月1日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。