占いツクール
検索窓
今日:181 hit、昨日:199 hit、合計:198,763 hit

ページ20







「ごめん…なさいっ!」



なんで謝るの?

らうる、どうして自分の首に自ら刃を向けるの?

その短刀は貴方を傷つけてるために持たせたものじゃないんだよ。




「……おい、引くぞ!」

「待って! らうるっ!」



負傷した者たちが掛け声に反応しぞろぞろと林の中へ消えて行く。

そして何故からうるまでも自分の意思で私たちに背を向けた。



「らうるっ!?」


なんで!?どうして!?

勝ててたのに、どうしてそっちに付くような真似をしたのか分からず困惑していれば、扇子をパタンと閉じた佐久間さまがそのまま扇子で尖らせた唇をトントンと叩いていた。



そして暫く考えて、



「あれわざとだよねー」

「だろうな」

「何か言われましたかね」

「え?」



男三人は何かに気づいてるの?

そしてその言い方かしてらうるは脅されてるとか?





「しゃーない。佐久間先に行くわ!」

「佐久間さま?」

「あいつらの気配を辿れるのは佐久間だけだし。もう日も暮れるから、Aに夜道を歩かせたくないでやんすからね」



扇子を帯にしまいこみ、佐久間さまは翔太さまの元へ向かった。

馬を宥めていた翔太さまは、佐久間さまの気配に気付きピクリと眉を動かす。




「お前にAを任せるからな。怪我させんなよ」

「………それは約束してやる」

「あと手も出すなよ!」

「………それは約束できんな」

「なにをーーー!?」



むきーーっ!と、毛を立てた猫みたいになってます。

シャーシャーと威嚇し合う二人は何処か似ているかも、なんて。




「佐久間殿、行くなら早く行かないと、その気配とやらは遠のくのでは?」

「ああっ!そうだった!くそっ、まじでお前Aに手を出すなよっ? 出したら地獄の門番さまが許しても佐久間が許さねえからな」


うん、お母さまのことだね。

そして翔太さまは、フンと何も言わずそっぽ向いてしまった。




「Aっ」

「はい……あ、っ、」

「ああっ!!」

「おやおや」




いきなり腰に回った腕に引き寄せられたかと思えば、噛み付くような口付けが降ってきて、容赦なく私の羞恥を目覚めさせる。


ぼぼぼと頬が火照る頃には既に唇は離れていたけど、触れると火傷したかのように熱かった。




.

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (496 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1800人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 佐久間大介 , 妖怪
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆきんこ(プロフ) - あいちゅんさん» 長くなりましたので、2回にわけてのお返事失礼します。楽しみにしていただいてるようなのに、ご期待に添えずに申し訳ありません(>_<) 裏は載せられませんが、それ以外でも楽しんでもらえるように頑張ります! (12月13日 10時) (レス) id: 47adab0070 (このIDを非表示/違反報告)
ゆきんこ(プロフ) - あいちゅんさん» あいちゅん様、大ファンなんて嬉しいお言葉に舞踊っております!ありがとうございます!初夜のお話についてですが、その他の裏のお話しに関しても書き始め当初から制限できるTwitterのみ掲載すると決めておりまして、本番行為はこちらには載せられません(汗) (12月13日 10時) (レス) id: 47adab0070 (このIDを非表示/違反報告)
あいちゅん(プロフ) - はじめまして。ゆきんこさんの作品大ファンの者です。お願いがあるのですが、私はTwitterのアカウントを持っていないので初夜のお話が楽しめません>_<privatterではなく普通の投稿にしていただけないでしょうか…? (12月13日 4時) (レス) id: bf15d374dc (このIDを非表示/違反報告)
ゆきんこ(プロフ) - 祐莉さん» 照くんや、残りの二人がどのように登場するかも楽しみに待っていてください(^^)最後まで面白かったと言ってもらえるように頑張ります! (12月3日 12時) (レス) id: 83fde2196b (このIDを非表示/違反報告)
ゆきんこ(プロフ) - 祐莉さん» そうですね。新章では、前回活躍してくれた二人は出てこないのですが、その代わりに前半に少し登場した翔太くんたちが出ます(笑)なのでまた違った雰囲気を楽しんでもらえたらいいんですが! (12月3日 12時) (レス) id: 83fde2196b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆきんこ | 作成日時:2020年12月1日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。