占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:6 hit、合計:2,788 hit

189枚目 ページ9

「刀超重いわね……もう外そ」

「嘘……スオウが」


すっかりだらけて地面に寝転んだ上司に、アズマは動揺を隠しきれない。何故かドヤ顔をかましているロンドが、彼女の肩に手を置く。


「どうでィうちの魔王様は。強ェだろ」

「さっきまでズタボロにしてたくせに言ってくれるよねロンドくん、意見の転換が早いよね」

「肩書きの割にはしょぼ過ぎない?」

「ちょっとアズマちゃああん!?」


Aがキョドったおっさん声をあげると、アズマはくすくす笑みをこぼす。普段のしかめっ面とはかけ離れた年相応の笑みに、男どもはちょっとキュンとしましたまる。勾玉の入った箱を抱えつつ、口角を引き上げた。


「でも助かったし。急いで戻ろ」

「ロンドくん。ロンドタクシー」

「へーいへい」


外に繋がる暗い一本道。追っ手が迫る中、Aたちは三人で身を寄せ合った。ロンドが風魔法の呪文を唱え、自分たちの身体を一気に外へ押し出す。

Aがひゃうっと女の子並の声を上げる一方、全く動じないアズマは感心したように目を瞬かせた。


「ほーんと、魔法ってなんでもイケそうよね」

「獣人は魔法使えねェんだっけか。へ、いいだろィ」

「まあね」


しばしの沈黙。Aはアッと察する。

周りに素直な返しをする女子が居なさ過ぎて、こういう時の返しができねえんだわロンドくん。やだもうピュアかよ。

3つの影は、星空の下を駆けて行った。

190枚目→←188枚目



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 6.7/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
75人がお気に入り
設定キーワード:男主 , ラブコメ , ギャグ   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

モモハ(プロフ) - ログインコングラです!家族系のアレコレはてぇてぇですよな!(禿同)いえいえ、毎回くださるのは逆にとても嬉しみが深いです!わー待ってます! (7月10日 21時) (レス) id: 98af2b3beb (このIDを非表示/違反報告)
しぇるふぃあ。((芦原晴))(プロフ) - 母娘てぇてぇですね!!素直になれない女帝かわいいし大人になろうとしてる王女様もめちゃくちゃかわいい…更新の度にコメント打ってる気がします、うるさくてごめんなさい…(キャラシートはイラスト描け次第提出します!)(ちなみにログインしました) (7月10日 20時) (レス) id: a3aac3bf63 (このIDを非表示/違反報告)
モモハ(プロフ) - えへへって笑い方良いですよね可愛いっすよね!!!ありがとうございます、ぜひ! (6月1日 13時) (レス) id: 98af2b3beb (このIDを非表示/違反報告)
しぇるふぃあ。 - あの…えへへ…お久しぶりです…新キャラもとっても可愛くて私幸せ…(( キャラ募集、できれば参加したいんですがキャラ設定について質問がありまして、キャラ募集の方で相談させていただきますね……遅くなりましたが続編おめでとうございます! (6月1日 11時) (レス) id: a3aac3bf63 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:モモハ | 作者ホームページ:o(`ω´ )o  
作成日時:2019年4月20日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。