占いツクール
検索窓
今日:19 hit、昨日:165 hit、合計:31,507 hit

名前 ページ20

部屋に戻ると、ソファの上で君が横になっていた。


その光景に、僕は心臓を握りつぶされたかのように怖気付いたけど


今度は、君は死んでいなかった。


きちんとその身体で


正しく、その肺で


君は呼吸をしていた。


そういえば、まだ一度も君の名前を呼んだことがなかったな。


この超常的時空世界から、逃れられないとするならば


僕は君の名前を呼ぶことから始めようと思う。


「乃坂さん。」


僕と同じ音の名前のくせに


漢字が一文字違うだけで、こうも君は笑うのだから不思議だ。


「乃坂さん、起きて。」


「ん…んんー…。」


よかった。


寝起きが悪いというのも、変わっていない。
君は君だ。君のままだ。


僕は彼女を再び抱えて、ベッドへと運んだ。


薄い布団を彼女に掛ける。


真っ白なシーツに、真っ白な肌が良く映えていた。


「…西蔭。ちょっと話があるんだけど、いいかな。」


「勿論です。上がってください。」


僕は彼の部屋に足を延ばした。


「ありがとう。」


無意識の内に僕の頭に存在していた考えを
彼に伝える必要があると判断したからだ。


「すみません。俺が野坂さんの部屋に行けばよかったものを。」


「いや、いいんだ。それで、話なんだけど。」


僕が考えたのは、すごく身勝手で傲慢なことだった。


それでも、僕がこの世界を変えるには必要なことだと思ったから


崇高な目的のためなら手段を選ばない僕は、彼に言った。


「サッカーを辞めようと思うんだ。」


西蔭は少しばかり、驚いた表情を浮かべていた。


「…何故ですか。」


彼が理由を尋ねるのも当然だ。


僕はサッカーを利用して世界を変えると言った。


アレスシステムが素晴らしいものであることを世間に証明し、多くの子供達の拠り所となること。
月光エレクトロニクスの企業収益に貢献すること。
僕の存在意義をそこに示すこと。


これらが重なったから、僕は自分にのしかかるプレッシャーと責任を代償に
チームのキャプテンとしての使命を引き受けた。


そしてオーナーに、フットボールフロンティアでの優勝を誓った。


それを西蔭は理解している。


だから今、この素晴らしく合理的な経緯を覆すほどの理由があるのかと


彼は僕に尋ねているのだろう。


「やりたいことができたんだ。」


その理由にしては、随分と説得力が足りない。


だけど事実として、僕にはこれしか言えなかった。

従者の微笑み→←君の怪我



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (74 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
87人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もちまる。(プロフ) - すずさん» すずさん、コメントありがとうございます!感動して頂いたようで何よりです。応援ありがとうございます!ご期待に添えるようこれからも頑張っていきますね! (8月11日 20時) (レス) id: 03d75cb96c (このIDを非表示/違反報告)
すず(プロフ) - 今この作品を見終わったのですが、とっても感動致しました。野坂くんも過去に戻ってしまうというところがこんな展開他にはないな、という感動を覚えました。更新、頑張ってください!これからも応援させて頂きます! (8月10日 0時) (レス) id: b95394d06b (このIDを非表示/違反報告)
もちまる。(プロフ) - おみかんさん» おみかんさん、コメントありがとうございます!そんなことを言って頂けて、ほんっとうに嬉しいです。応援ありがとうございます!今後も頑張っていきますので、完結までお付き合い頂ければ幸いです! (8月5日 9時) (レス) id: 03d75cb96c (このIDを非表示/違反報告)
もちまる。(プロフ) - 姫菜さん» 姫菜さん、コメントありがとうございます!作品に入り込んでいただけだようで、とても嬉しいです。深くこの小説をお読み頂き、本当にありがとうございます!今後も是非楽しんでいただければ幸いです。更新頑張ります! (8月5日 9時) (レス) id: 03d75cb96c (このIDを非表示/違反報告)
もちまる。(プロフ) - めりさん» めりさん、コメントありがとうございます!前作から読んで頂いているんですね…!とっても嬉しいです。私も大好きいいいいいいこれからも是非お読みいただければ嬉しいです!!!!笑 (8月5日 9時) (レス) id: 03d75cb96c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もちまる。 | 作成日時:2019年8月1日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。