占いツクール
検索窓
今日:26 hit、昨日:45 hit、合計:39,700 hit

ページ19

【きりやま】
しげ、相変わらず食リポ雑やなぁ。



まぁその着地点のなさが良さでもあるけどな。




二軒目に訪れたのは、すごく歴史のありそうな鍋屋さん。



聞けば、店主は七代目なんだとか。


『先代から代々受け継がれてきた出汁を使ってるんです』



「うわ、魚介のいいお出汁が出てますね!」




蟹とか海老の出汁が野菜にも染みていて、すごく優しい味。




隣で食べてるしげも、美味しそうにニコニコしながら食べてる。



「よっしゃ、しげいけ!」


「もうね、…ここ食べに来たらわかる」



やっぱりどこか締まらない食リポで、二軒目を後にした。







ロケバスに戻って、斜め前に座るしげにちょっとした違和感を覚えた。




喉元を何度も押さえて、咳払いをしていた。



次の店に着いてロケバスを降りた時、気分悪いんかなと思って尋ねると、『全然そんなことない』と否定された。



口調からして、嘘ついてるようには見えへんかったな…


顔色が悪いようにも見えへんかった。



朝から調子が悪そうな雰囲気もなかったし。


このアイスクリームのお店で最後やし、大丈夫かな。









……と思ってんけど…









『当店のイチオシメニューはこちらの抹茶アイスです』


「じゃあしげちゃんは何にします?」



「ん?じゃあ…え、おすすめとかって何ですか?」


「それ今言うたやんけ!」




明らかに様子がおかしかった。




『緊張してんねん!』って誤魔化されたけど、今のはほんまに聞いてなかった、と言うか聞こえてなかったような気がした。



どないしたんやろ。






やっぱり体調悪いん?


それともほんまに緊張してるだけなん?

3→←サイドステップモンスター



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (42 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
68人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , 重岡大毅 , 病系
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

この作品にコメントを書くにはログインが必要です   ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:葉邇児 | 作成日時:2020年4月6日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。