占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:49 hit、合計:11,319 hit

ページ22

有岡.side




ほほ〜ってなんだよ。俺はすべてわかった、みたいな顔しちゃってさ。


「高木がなにしてたか知ってる上で告白したんだろ。押し倒せ押し倒せ。裸になりゃあとは向こうがうまいことやってくれるさ」


なんとも返答に困るアドバイス。


「やっと卒業だな。お子ちゃまどーてーの有岡くん!」


バシバシ背中を叩かれて、ホントに何なんだこの先生は。あきれて何も言えずにいたら、「そーいや、…」とまた話し出した。まだなんかあんの?


「キスするとき、入れたことあるか?」


なにが!と思って薮っち先生を見たら、ベーってしてて出した舌を指さしてる姿に、一瞬で理解してしまった。
入れるどころか、キスすらまだしてないんですけど!なんてことはぜってー言わない。

俺の無言を、舌は入れたことないけどキスはしてると勘違いして「あー、そうか…」とまたなんとも言えない情報を教えてくれた。なんなの、ホントに。余計なお世話だよ。






「もう帰るから!」


慌てて立ち上がると、クスクス笑いながら「頑張れよ〜」って声が背後から聞こえた。きっと、にやにやしてる…。





.

…したい、かも?→←役に立つ?アドバイス



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 3.7/10 (142 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
95人がお気に入り
設定キーワード:HeySayJUMP , 高木雄也 , 有岡大貴
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆー(プロフ) - かなとさん» ご指摘ありがとうございました (5月1日 9時) (レス) id: 51cc9e921a (このIDを非表示/違反報告)
かなと - 編集画面をよく読みオリジナルフラグをお外し下さい違反です (5月1日 5時) (レス) id: 18d6d807bc (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆー | 作成日時:2019年5月1日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。