占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:12 hit、合計:5,876 hit

供櫚 ページ7




授業が終わり、私は駆け足で校舎裏に向かっていた。

急いでブローチを回収しないと!

今日はルイがいない日

あるところに使いをしているのだ。

そして、私がどこかに落としたブローチは王太子殿下がくれたもの。

身に付けろと言われてたのに落としたのかバレたら...

また、部屋に来る!

それはなんとしてでも避けたい。

ということで、貴族の令嬢らしく優雅に歩きながらも心は猛ダッシュだった。

今日はやたら人の視線が多いのが気になった。

ブローチを探していると

「フィルシーナ嬢?こんなところで何を?」

おおっと!まさかのカミュシア様!

「ブローチを探していて...」

すると、おもむろにポケットに手を突っ込んだカミュシア様は探していたブローチを出す

「もしかして、これではないだろうか。」

「はい。それですわ!」

私はブローチを受け取り礼を言った。

「ありがとうございます。これはどこで見つけたのですか?」

「校舎裏に落ちていた。それより、いつもいる従者は今日はいないのですか?」

「ええ。ちょっと使いを出していて...どうしてお聞きに?」

「いえ、女性、ましてや貴族の女性が従者の1人もなしに歩いているので心配で...ああ。良いことを思い付いた。俺が送っていきます。」

「はい?」

少し落ち着け、私。

そして、私は考えた

今日、ルイは使いに出している。

ヒューガン様もアレクセスの仕事で学園には来ていない。

私がカミュシア様と学園から帰ればエレナとアレクセスでイベントが発生するのでは?

今日が最初のイベント

私はニッコリ笑顔で

「お願いできますかしら?」

即座に頼んだ

供臭窟←.悪役令嬢の驚き



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
17人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 転生 , 未胡成   
作品ジャンル:ラブコメ, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

詩都花@おしづ(プロフ) - 未胡成さん» えーーっと・・・なんとなく、です。 (6月7日 11時) (レス) id: 3a39613abc (このIDを非表示/違反報告)
未胡成(プロフ) - 詩都花@おしづさん» 笑笑 ありがと!何で敬語なの? (6月7日 10時) (レス) id: 834fae0dd3 (このIDを非表示/違反報告)
詩都花@おしづ(プロフ) - 続き更新頑張ってください!待ってます!! (6月7日 9時) (レス) id: 3a39613abc (このIDを非表示/違反報告)
未胡成@定期的に病む(プロフ) - 呱月823さん» 頑張りますね!!ありがとうございます!ため口全然OKです笑笑 むしろ、喜びます笑 (4月30日 18時) (レス) id: 834fae0dd3 (このIDを非表示/違反報告)
呱月823(プロフ) - 面白いです。更新頑張ってください。タメでよかったんですかね。。。敬語にしたんですけど(笑) (4月30日 15時) (レス) id: fdd8fc5200 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:未胡成 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/michonaru/  
作成日時:2020年3月11日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。