検索窓
今日:10 hit、昨日:13 hit、合計:11,020 hit
『私には、何も…分からないから』










キミは感情が分からないっていうけど、










JM「こっちおいで〜」








TH「早く早く!」







JH「あ、居た居た〜!見てよこれ!面白くない?」







RM「おっと、怪我しないようにね?」






SG「ほら、これ食ってみろ」






JK「ねぇ、一緒にこれしようよ」






JN「ほーら、みんなのとこ行くよ!」















僕たちがキミのこと、心の底から大切に想ってることだけは、分かって欲しいって思ってる。











僕たちはそのために全てを見せるから。









だからキミも_________



















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
attention
▫不定期更新
▫流血・暴力表現等ありますので自衛お願いします執筆状態:連載中

設定を行う場合はこちらをクリック








test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.80/10

点数: 9.8/10 (65 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
359人がお気に入り
設定タグ:BTS , 防弾少年団
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Kojima-Yurina - 私,こういうお話大好きです‼︎続き楽しみにしています!頑張って下さい‼︎ (8月21日 6時) (レス) @page7 id: 3d3291bd67 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:mm | 作成日時:2022年8月13日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。