占いツクール
検索窓
今日:116 hit、昨日:454 hit、合計:472,797 hit

44.幸せだとか。 ページ44

管理人室に寄って、半分くらい食べてたりんご飴をビニール袋に入れて置いておいた。
だって、潤さんと一緒にお酒飲みたい。

「で?どこから見んの?」
「こっちですよ」

一緒にエレベーターに乗り、5階。
お父さんの会社があるそのフロアは、もう誰もおらず暗くて静か。
その廊下の端っこにある非常階段を上がり、鉄製の扉の鍵を開ける。

「ここです!」
「おー!すげぇじゃん!」

普段は閉鎖されてる朝霧ビルの屋上。
鍵は、お父さんと正規管理人の田口さんしか持ってない。
その鍵を昨日、お父さんから借りておいた。
ここはそんな高いビルじゃないけど、下から見るよりずっと障害物も少ない。
そして何より、部外者が入って来ない。


「こんな場所あるなら、親父さんの社員さん達が使いそうなのに」
「お父さん、毎年お祭の日は屋形船を借りて社員さん達と花火見るんです」
「屋形船!」
「社員サービスなんですって」
「良い社長さんだな。俺も見習お...ってアイツらにサービスすんの嫌だな」

屋上のフェンスに手をかけた潤さんが「俺がサービスされるべきだろ、どう考えても」って言うから、可笑しくて笑う。


「じゃ、みぞれは娘の特権でこの屋上使いたい放題?」
「言えば貸して貰えます」
「彼氏とのデートでも使った?」

潤さんがニヤッとする。

「つっ...使わ...」

.....高校生の頃なんかはここで元カレと花火見た。
大学入ってからも、ちょっと良い感じになった男の子とも...
口ごもった私を見ながら、潤さんがニヤニヤしながら缶ビールを開ける。

「使うよなー、そりゃ」

グビっとビールを飲む横顔。喉仏が上下した。

「みぞれに彼氏かー、へー。生意気にねー」

からかう言い方。

「彼氏じゃなくて、元カレです!潤さんだって、元カノくらい居るでしょ!」

私もカクテルの缶を開ける。
開けた瞬間、自分の言った『元カノ』って言葉に胸がギリッと痛んだ事に気付く。


「何で『彼女』じゃなくて『元カノ』なの?」
「...え?」
「元カノは居ても、彼女は居ないって思ってる?」
「.....え?」

...そうだ...、私は勝手に潤さんは彼女いないって思ってたけど...
そんな事、潤さんは一度も言ってない。


「潤さん...彼女、いるんですか...?」
「いないけど」
「なっ...!?」
「何?」
「.....何でもありません」

何だかよく分からないけど、気持ちが上がったり下がったり、忙しくてしんどい。
しんどいけど、幸せだとか思ってる。

45.打上花火。→←43.秘密の穴場。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1504 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7797人がお気に入り
設定キーワード: , 松本潤 , rei
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

この作品にコメントを書くにはログインが必要です   ログイン

橘花(プロフ) - みぞれちゃんいいこ。。パラ潤もやっぱり彼らしくて、すごく素敵なお話でした!淡く苦いような甘いような、夏をすごく感じるお話で。随所で彼女のこととみぞれちゃんのことを考える潤くんが見られて切なかったですね。。10年がどんどん短くなりますように! (10月2日 23時) (レス) id: 2798c105f2 (このIDを非表示/違反報告)
Minty(プロフ) - 今頃ごめんだけどやっぱり伝えたくて。私の中のパラ潤はまだまだ彼女を忘れられてなくて、だからみぞれちゃんと話した後は彼女のことを思い出してたんだろうなとか勝手に想像して切なくなってた。そういう裏側の光景まで読めるお話だった。書いてくれてありがとう! (10月1日 23時) (レス) id: 38bee720d5 (このIDを非表示/違反報告)
ま( *^◇^)る(プロフ) - やっと読めた〜!遅くなっちゃった。パラ潤にまた会えて幸せだよーありがと。 (9月25日 19時) (レス) id: 43b5111d45 (このIDを非表示/違反報告)
にゃん(プロフ) - お疲れ様です。っていうの遅い位かな~ 本編ですが、甘さは無いかもしれませんがキュンが、これでもかって位詰め込まれてて凄く良かったです♪みぞれちゃんも未来に期待ができそうだし…reiさんのお話読めて楽しかった♪ (9月25日 19時) (レス) id: aab6d8833f (このIDを非表示/違反報告)
なるちゃん(プロフ) - reiさんのお話はみんな好きですが、このシリーズは特にお気に入りです!キャラがみんないい! まるでその世界にまぎれこんだ気持ちになります ありがとうございました! (9月25日 18時) (レス) id: a1fe1fb9b8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:rei | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/personal.php?t=reika72  
作成日時:2018年8月11日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。