占いツクール
検索窓
今日:716 hit、昨日:583 hit、合計:240,125 hit

28 ページ28



 





 





 

ジミンオッパと私が事故にあった日から3日が経った。

あの日の事故は、相手の車の信号無視が原因だった。
 


勢い良く突っ込んで来た車は、あの時、私を目掛けてきていた。
 
その瞬間のことはよく覚えてないけれど、オッパに名前を呼ばれ、強く腕を引かれた事は記憶に残っている。

 





 
 
ベッドに眠ったまま、一度も目を開けることのないジミンオッパの隣で、ほとんど怪我のなかった私は、片時も離れず、彼の目が開くのを待っていた。

 


彼の頭に巻かれた包帯は痛々しく、何より__

 

 
 





 


倏召砲楼枉錣見当たらないので、いずれ目は覚めます。

…ですが、

牘βの骨の損傷が激しく、もしかしたら、もう…



 





 

ジミンオッパの状態を話すお医者さんの言葉を思い出し、
 
さっきから止まることを知らない涙のしずくが頰を伝って病室の床にシミを作る。

 




 


 






あの日の事故は、

ジミンオッパの片足の自由を奪っていった。



 







 

 




…私のせいだ。
 

私を庇ったせいで、オッパがこんな目にあってしまった。

 
本来なら、私が跳ねられていたはずなのに、オッパが私を車の進路から抜け出させてくれて、その代わりに
彼が…。

 
 





『…、

オッパ…っ』

 

 




眠ったままのオッパに不安がどんどん募っていく。

このまま目を覚まさなかったらどうしよう。

覚ましたとしても、彼の足は…。
 


 







体を動かすのが好きだったオッパは、休みのたびにいろんなところに出かけてた。

どちらかというと家に引きこもりがちの私を色んなところに連れ出してくれて、たくさんの綺麗な世界を見せてくれたのはオッパなのに。

 






オッパを傷つけてしまった私は、
彼が目を覚ました時、どんな顔をしたらいいの。
 

 





目の前が真っ暗になり、力が抜けてガクンとひざをついた瞬間、勢いよく病室のドアが開いた。

 



 




 



 


 



 








「ジミン!」



 




 


 



 





『テヒョン先輩っ!』

29→←27



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (451 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1155人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , ジミン   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

くるむ(プロフ) - ミロさん» ぶっ飛ばすどころか即読みます!ミロさんのワンピックもわかっちゃうかも知れないですね(..) (11月26日 23時) (レス) id: d2a4ad9a4f (このIDを非表示/違反報告)
ミロ(プロフ) - くるむさん» くるむ様 わかります。皆のグレートマザーになりたいです( ; ; )近い将来日プの話書いてたらさすがにぶっ飛ばしてくださいね…(笑) (11月26日 23時) (レス) id: 5bc7eaedbd (このIDを非表示/違反報告)
ミロ(プロフ) - KIM MINさん» 大好きだなんて言っていただけてとても嬉しいです( ;∀;)ペンミお疲れ様でした(*^^*)実物の彼らにはとてもじゃないけど敵いませんが、少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです!(*^^*)ふふ、こんなに愛されて幸せすぎて溶けてしまいますね(´∀`) (11月26日 23時) (レス) id: 5bc7eaedbd (このIDを非表示/違反報告)
くるむ(プロフ) - ミロさん» 1話からココ!ってしながら丸2日は余裕ですよね(;o;)わかりますーー!プロデューサー越えて親のような気持ちで見守って号泣です笑 私も軽くみようかなと思ってたら想像以上に面白いしかっこいいし可愛いしでどハマりです笑 (11月25日 23時) (レス) id: d2a4ad9a4f (このIDを非表示/違反報告)
KIM MIN(プロフ) - ミロさんのお話本当に大好きです(;_;)ペンミ後のバンタンロスで死んでましたが幸せなお話が読めて嬉しいです…はあジミンに愛されたい人生でした (11月25日 22時) (レス) id: 1ef7e18aac (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミロ | 作成日時:2019年11月15日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。