占いツクール
検索窓
今日:73 hit、昨日:16 hit、合計:60,350 hit

#3 ページ3







始まりは1年生の1番最初。





『大阪から来ました、遊馬Aです。えーっと、出身中学は大阪やから知らへんと思います、よろしゅう!』





関西弁混じりのぎこちない標準語だった。





俺の前の席で、自己紹介を終えた彼女は安心したように席に戻る。





及川「及川徹です!北川第一中学から来ました!よろしくお願いします!」





精一杯の笑顔を振り向けば、





「及川くんカッコよくない?」



「うん、めっちゃカッコイイよね」





ほら。





嘘の笑顔だって疑われない。





俺はバレーをしたくて青城に来たわけで、




別に彼女が欲しくて青城に来たわけじゃない。






なのに、





ひとつ前の席に座る彼女には惹かれるものがあった。






及川「遊馬さん…って関西人だったんだね」



『せやで、関西生まれ関西育ちや』





素直で真っ直ぐで、これっぽっちも “下心” を持たない笑顔だった。





及川「よろしくね、これから」



『おん、よろしゅう!』



及川「俺のことは徹でいいよ」



『うちのこともAでええで』





なんて在り来りな会話を交し、俺たちはだんだん仲良くなっていった。





それから2ヶ月も経たなかったと思う。





及川「Aってさ、何か部活入ってるの?」



『入ってへんよ』



及川「バレー部のマネージャー、やらない?」



『え?マネージャー?』



及川「そう、今居ないんだよね。」



『さよか、楽しそうやな、ええよ!』





後から岩ちゃんに聞かれた。





「なんであの時、Aをマネージャーに選んだんだよ?」って。





「部活入ってなかったから。」なんて答えた。





岩ちゃんにさえも、この下心を隠して。





岩ちゃんも「そーかよ。」って一言零して、それほど気にしている様子でも無かった。





人の前では俺は、





下心をこっそり胸の内にしまった。





#4→←#2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (91 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
185人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 及川徹 , 青葉城西
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:mi… | 作者ホームページ:I don't have.  
作成日時:2020年3月29日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。