占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:30 hit、合計:126,920 hit

ラスボス:50 ページ9

耳郎side


耳郎「(結局、そのまま放課後になっちゃった…)」


あれから、休み時間もなんとなく話しかけられないままだった

教室の入り口で、また人に誤解を与えて内心パニックになっている真景部を見て、ウチは百にまた明日、と言って人混みを掻き分けて彼に駆け寄った


耳郎「真景部」


『!じろ、さ…』


耳郎「あんた確かウチと帰りの方向一緒みたいだしさ、一緒に帰らない?」


その言葉に真景部は驚きはしたけれど、拒否をする事はしなかった
一緒に校門を出て、少しの間駅まで歩く


その間、いつもは私が話しかけるのに何も言わないものだから、真景部は少し気不味そうにこちらをチラチラと見ていた

帰ろうと誘ったのはウチなのだから、これでは真景部が可哀想だと、口を開けた

何を話そう?何から聞けばいいだろう?
悩みながらも言葉を紡ぐ


耳郎「…あの、さ」


ふと、昼の切島の言葉を思い出す


ーーー
切島「ここは男らしく、直接聞こうぜ?」
ーーー


耳郎「(…男らしく、は、ともかくとして…まぁ、結局はそうだよね)」


気になるのなら…聞くしかない


耳郎「あんたが、なんでヒーロー目指すのかとかさ…嫌じゃなきゃ、教えて欲しいんだけど…」


『え、僕?が?』


私が頷けば、彼は頰を掻きながら
あまり聞いて気分が良いものじゃないと思うけれど…と零していた

それに別にいいよ、と私が返せば


『う、うーん…そ、の…じゃあ…ちょっぴり暗いお話になるんだけれど…大丈夫、かな?』


ウチも皆が平気だと答えてから、真景部はその大きな口を開いて語った



ーーー
ーーーーーー


僕の個性は、ラスボス…
アニメや、ゲームに出てくるラスボスっぽい事は大体出来る…

強いとは思うけど、ラスボスっぽく宣言をしなくちゃいけないから…恥ずかしがり屋な僕には使い辛い個性だと思う…


多分、この見た目もなんとなくラスボスっぽいからかもしれない…迷惑でしかないけど……


それでも元々、ヒーローに憧れはあったんだ

カッコいい、僕もああなりたいっていう漠然とした思いみたいなのは…


でも、それでも決定的だったのは…
紛れもなく、あの時の事だったと思う…

ラスボス:51→←ラスボス:49



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (175 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
461人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

牙夢(プロフ) - 闇夜に生きる化物とメリオダスさん» コメントありがとうございます!!そう思って頂けると作者冥利に尽きますw (2017年9月17日 2時) (レス) id: d76a1d7e1c (このIDを非表示/違反報告)
闇夜に生きる化物とメリオダス - この子癒しだわw (2017年9月17日 1時) (レス) id: 866b9f0c0d (このIDを非表示/違反報告)
牙夢(プロフ) - 闇夜に生きる化物とメリオダスさん» コメントありがとうございます!!可愛い…ですよ…!!w (2017年9月16日 11時) (レス) id: d76a1d7e1c (このIDを非表示/違反報告)
闇夜に生きる化物とメリオダス - 可愛い...だと.....!? (2017年9月16日 11時) (レス) id: 866b9f0c0d (このIDを非表示/違反報告)
牙夢(プロフ) - テリチキと麻婆豆腐は素晴らしい。さん» わざわざご指摘ありがとうございます!!修正しておきます!これからも頑張ります (2017年9月14日 12時) (レス) id: d76a1d7e1c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:牙夢 | 作成日時:2017年9月9日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。