占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:21 hit、合計:16,233 hit

大切な君を。19 ページ21

目を覚ますとそこは暗くはなくて、逆に眩いくらいだった



見慣れた部屋に慣れたニオイ



リカバリー「……目を覚ましたかい」


カーテンを開けるなり、入って来るばあさん



相澤「俺、どれくらい寝ていましたか」



リカバリー「8時間程度かね…」



8時間もあの悪夢に苦しめられたのか…



リカバリー「それにしても、良かったねぇ…



死亡者以外の被害者、全員目を覚ましたみたいだよ」




相澤「あの容疑者が個性を解除したってことですか…?」



その言葉に、ばあさんは黙り込んだ



…嘘だろ




相澤「ばあさん、アイツは今どこにいる!!!」


ひざし「オイオイ、しょーた…



廊下まで丸聞こえだぜ?」




相澤「ひざしッ…」



ひざし「お前の愛しの『幼馴染み』は隣で眠っている」



その言葉に、カーテンを勢いよく開けると寝ているAの姿があった



相澤「……Aッ」



リカバリー「昔やらかした時と同じだよ…



あの子は自分の命より、他の人の命をとった



………まだ、今の時代で個性のランクは誰も知らない



記されてもいないはずだよ…



だから、何時目覚めるのか……



もしくは_______________」



相澤「やめてください…



聞きたくないです……」



ひざし「……Aが目覚めるまで、ここ



ばあさんが貸してくれるそうだから、居てやれよ



生徒たちには、俺たちから言っておくからさ」



その言葉に、俺は頷くことすらできない程に元気がなかった



2人は出て行くなり、俺と寝ているAだけの2人きりの空間となった



俺は、ゆっくりと足を進めてAの寝ているベッドへと腰をかけた



相澤「頼むから、目覚めてくれよ…



A_______________」


頬を撫でると、暖かいのか冷たいのかわからなかった



………今、お前は何処にいるんだ



もう、既にお前の魂は黄泉の国へと行ったのか?



俺を一人残して…?



約束が違うんじゃないか?



頼むから、戻って来てくれ…



俺がお前に弁解する前に逝くなんて、許さないぞ……



本当に、




____________お前の魂は、今…

大切な君を。20→←大切な君を。18



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
69人がお気に入り
設定キーワード:僕のヒーローアカデミア , ヒロアカ , 相澤消太   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - やばい、ここまで見ただけで面白い!更新待ってます!頑張って下さい(*^^)v (5月31日 7時) (レス) id: 15e863391d (このIDを非表示/違反報告)
そこら辺の後輩 - ┗( ・∀・ ≡ ・∀・)┛ (5月30日 20時) (レス) id: 3c10d8812c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:松城美樹 | 作者ホームページ:https://twitter.com/matsushiro_m  
作成日時:2018年5月30日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。