占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:9 hit、合計:41,019 hit

9.最低な男(善逸side) ページ12

「結局なんもしないで終わっちゃたな。」



「ちぇっ。つまんねぇーの。」






少し残念そうな炭治郎と伊之助。
俺達がやるはずだった任務は、俺たちが着く前に柱が片付けてしまってたらしく、帰ろうとしていた。





これで、Aちゃんに謝れるかな。









「大丈夫ですか?善逸さん??なんか最近元気ないですよね.......?」

俺の顔を覗き込んで話し掛ける晴香ちゃん。








「.......そう?気にしなくていいよ。俺なら平気。」






「.......なら、いいんですけど.......。そうだっ!帰ったら、甘味処生きませんか?美味しいところ、見つけたんですっ!」



そういい、俺の腕にくっついてくる晴香ちゃん。









「.......晴香ちゃん。ごめん、俺行かない。Aちゃんに謝らなきゃいけないんだ。」


俺が晴香ちゃんの腕を振りほどき、そう言うと驚いたように目を見開く。








「.......!なんで善逸さんが謝る必要があるんです??何も悪いことしてないじゃないですか?Aさんが、勝手に怒ってるだけです。」







「ううん、俺が悪いんだ。Aちゃんはなんも悪くない。」









「…っ!なんでそんなにいつもAさんの名前ばかりだすんですかっ!?なんで、私のこと見てくれないんです…?!あの人より可愛いのに…」



そう言う晴香ちゃん。









「俺は、Aちゃんは優しくて、いつも俺が辛い時にそばに居てくれたんだ。俺にはAちゃんがそばにいないとダメみたいなんだ。」









「そんなのっ!!ひどいですよ!!
だったら、なんで私に優しくするんですかっ?!
少しでも期待しちゃうじゃないですか!!!」






「…ごめんね、晴香ちゃん。」








そっか。





だから、Aちゃんは怒ってたのかもな。







俺は、最低な男だ。









彼女の気持ちも、晴香ちゃんの気持ちも考えてあげられないなんて。

10.新しい任務(善逸side)→←8.仲直りしたい(善逸side)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (139 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
397人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 我妻善逸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- いい所で更新止めますね笑笑 楽しみにしてますね。 (12月8日 15時) (レス) id: 4a1a45053b (このIDを非表示/違反報告)
はっぱ(プロフ) - 霞さん» 見抜いてくれたら一番いいのですが..... どうなるのか楽しみに待っていてくださいね! (11月28日 0時) (レス) id: ed202dda59 (このIDを非表示/違反報告)
- ま、まぁでも炭治郎と善逸は嘘かどうか見抜けるし…?匂いと音でバレるだろうから安心しとこ……() (11月27日 22時) (レス) id: 86069f8753 (このIDを非表示/違反報告)
はっぱ(プロフ) - 九狐さん» 面白いなんて、ありがとうございます!颯汰くんいいですよね、、私の理想が詰まってますw応援ありがとうございます!頑張りますねっ( ˙˘˙ ) (11月25日 23時) (レス) id: 1010809025 (このIDを非表示/違反報告)
九狐 - え、面白い。善逸推しだけど颯汰くん推しになりそう…イケメンじゃんヤベー☆ω☆応援してます!頑張ってください!! (11月24日 19時) (レス) id: 5c71f16ab8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はっぱ | 作成日時:2019年10月19日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。