占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:79 hit、合計:23,734 hit

1話 ページ3

「納得できません」

「まだ言っているのか・・・?」


今日は第一高校入学式の日。しかし、まだ開会二時間前の早朝。

今日という日を今か今かと待ち望んでいた新入生も、

もしかしたら本人以上に今日を待ち望んでいたかもしれない父兄の姿もさすがに疎らだ。

その入学式の会場となる講堂を前にして、真新しい制服に身を包んだ一組の男女が何やら言い争っていた。

そしてその言い争いを、見ている者が一人。

同じ新入生、だがその制服は微妙に、しかし明確に異なる。

スカートとスラックスの違い、男女の違いではない。

女子生徒の胸には八枚の花弁をデザインした第一高校のエンブレム。

男子生徒のブレザーには、それが無い。


「なぜお兄様が補欠なのですか?入試の成績はトップだったじゃありませんか!
本来ならば私ではなく、お兄様が新入生総代を務めるべきですのに!」


見ていた者は言う。


「彼女、どこで入試結果を知ったんだ・・・」


その呟きに驚きはなく、ただただ呆れているような声音だった。
否、呆れているようではなく、実際に呆れているのだろうが。

そんなことを思っている傍観者には関係なく、言い争いは続いている。

2話→←プロローグ


ラッキーキャラクター

光井 ほのか


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
64人がお気に入り
設定キーワード:魔法科高校の劣等生 , 男主   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:龍牙 | 作成日時:2017年6月24日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。