占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:23,427 hit

14話 ページ16

Aside


「はぁ・・・また貴方って人は・・・」


俺はとりあえず真夜に報告した。

テレビ通話でな。

ため息を吐かれたが。


「深雪さんも達也もまだ高校生だと言うのに・・・」

「そこまで心配しなくてもいい。俺の出生については伏せているからな。明かしたのは本名だけだ。」


真夜にまたため息を吐かれる。


「それを伏せておけばいい、というものでもない気がしますけれど」


まあいいです。と真夜は言う。


「できるだけ早めに、独立魔装大隊の人たちに貴方が生きている、ということを教えてあげなさい」

「解った。ついでに達也くんにも伝えておくよ」


俺は真夜の返事を聞かず通話を切った。

来週の日曜日にでも達也くんを誘って行くか。

俺は表の職業とはいえ疎かにできない研修生の仕事を終え、風呂に入った。

ジャー

シャワーにうたれる。

鏡をふと見ると、そこには右目と左目で色が違う俺の顔。


そういえば夕食食べて無いな、と思ったり。


いつ独立魔装大隊に行くかな、と思ったり。


独立魔装大隊のみんなは俺を見てどんな反応するかな、と思ったり。


・・・連に会いたいな、と思ったり。


いろんなことを思っていたら、いつの間にか服を着たりなんやらしていたようで、リビングのソファーでボーッとしていた。

達也くんに連絡、入れなくちゃな。

15話→←13話


ラッキーキャラクター

光井 ほのか


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
64人がお気に入り
設定キーワード:魔法科高校の劣等生 , 男主   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:龍牙 | 作成日時:2017年6月24日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。