占いツクール
検索窓
今日:5,902 hit、昨日:8,808 hit、合計:672,680 hit

38 ページ38

休養中。





釘崎
「…いつの間にあのゴリラと仲良くなったのよ。」


A
「………ドン引き。」


虎杖
「いや、仲良くなったっつーか…。」
「記憶はあんだけど、あの時はなんか…。」
「俺が俺じゃなかったというか…。」


釘崎
「何アンタ酔ってたの?」


虎杖
「釘崎は俺があの状況で酒飲むと思っての?」


もぐもぐとピザを食べる恵の両サイドから賑やかな話し声が聞こえる。
ところで、なんでピザなんだろ。


虎杖
「まあ伏黒の怪我が大したことなくて良かったな。」


伏黒
「呪力カラカラだったのが逆に良かったみたいだ。」


敵が引いた後、みんなと合流したが怪我人が多く、交流会は一時停止になっている。
再開するかどうかはまだわからないらしい。


伏黒
「俺も強くなる、すぐに追い越すぞ。」


虎杖
「ハハッ、相変わらずだな。」


釘崎
「私抜きで話進めてんじゃねーよ。」


A
「話聞いてなくて…、何の話?」


東堂
「それでこそ虎杖の友達だな。」


A
「ぎゃぁぁぁぁあ!!!」


虎杖&釘崎&伏黒
「!?」


反射的に振り向き、勢い良くぶん殴る。


東堂
「ぐふっ!」


A
「なんでいんだよ!!つか、近ぇよ!!」


東堂
「いいパンチだ、A。」
「残念だ、お前が男だったら親友になれただろう。」


A
「なりたくないわ!!こっちから願い下げだ!!」
「つか、何しに来たんだテメェ!」


東堂
「ちょっと虎杖に会いにな!」


悠仁が目当てなのか。
じゃあさっさと悠仁を渡してお帰りいただこうか。
こっちは頭が痛くて疲れてるんだ。
無駄な相手はしたくない。


A
「悠仁ー。」


虎杖
「…!」


東堂
「あ!どこへ行く虎杖!!」


逃げる悠仁を追いかける為に東堂さんは急いで出て行った。


釘崎
「アイツも変なのに気に入られたわね…。」


伏黒
「ドンマイとしかいいようがねぇ。」


A
「あー、キモかった。」


伏黒&釘崎
「………。」


きったねぇー。と、手を拭く私を恵と野薔薇がじっと見てきた。


A
「なに?」


伏黒&釘崎
「…なんでもない。」





釘崎
「何したらAにあんな嫌われんのよ…。」


伏黒
「わからん。」

39→←37



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (249 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1177人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 伏黒恵 , 五条悟
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

mito(プロフ) - 稲荷さん» ありがとうございます! (1月16日 12時) (レス) id: bf0506b15b (このIDを非表示/違反報告)
稲荷 - ふおぉぉぉ!更新頑張って下さい! (1月16日 6時) (レス) id: cdc9489625 (このIDを非表示/違反報告)
mito - 琥珀さん» あんまり恵の出て来てないので、現時点では五条落ちになると思います。更新頑張ります。 (1月15日 17時) (レス) id: bf0506b15b (このIDを非表示/違反報告)
琥珀 - 是非、五条悟落ちでお願いいたします。 (1月15日 16時) (レス) id: 8685377221 (このIDを非表示/違反報告)
琥珀 - 是非、五条悟落ちでお願いいたします。 (1月15日 16時) (レス) id: 8685377221 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:mito | 作成日時:2021年1月13日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。