占いツクール
検索窓
今日:4,623 hit、昨日:8,814 hit、合計:698,590 hit

37 ページ37

撤退。





伏黒
「A、2人を頼む。」


そう言って止めるより先に走り出してしまった。
恵を目で追いかけると、吹き飛ばされた呪霊の傍に、


A
「真希さん!」


ドゴゴゴッと凄い音をたてて、あの呪霊が真希さんによってはるか遠くへ吹っ飛ばされた。


A
「…すっげぇ…。」


恵も真希さんも呪霊を追いかけて行ってしまった。





軽くだが2人に応急処置を施し、担ぎ上げる。
恵と真希さんの他に東堂さんと悠仁の呪力を感じた。
あれだけいれば私は行かなくても大丈夫だろう。
この手負い2人をここに置いて行く方がよっぽど危険だ。


A
「…とはいえ、男2人は流石に重いな…。」


西宮
「加茂くん私が運ぶよ。」


そう空から声が聞こえた。
真上を向けば箒に乗った小柄な少女がいた。


A
「あ、桃さん。」


西宮
「手当してくれてありがとね。」


憲紀さんを桃さんに渡し、棘さんを背負い直す。
さ、急いで帳の外に出ないと。





A
「はぁっ…!!重かった…。」


重い体を引きずってやっとの思いで帳の外へ出た。
安全そうな所に棘さんを置いて、再度帳の中へと行こうとする私の手を誰かが掴んだ。


五条
「A!」


良かった、聞き慣れた声だ。


A
「…ん?え、なんでいるの?」


五条
「いやー、この帳僕入れないみたいなんだよね〜。」


A
「なにそれ。」


そんな帳があるのか。
随分と腕のいい術師がいるのかな。


五条
「…それより、その髪と傷どしたの?」


A
「あー、これは…。」


思い出した。悟は髪の毛長い方が好きって前に言ってたなぁ。
そんな事を思い出していたら、バシュッという音がして帳が消えた。


A
「帳が消えた!!悟!!」


五条
「A、ここで大人しく待ってるんだよ。」


私の頭を撫でて悟は満足そうに笑い、敵の所へ行ってしまった。





虚式「茈」

38→←36



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (252 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1200人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 伏黒恵 , 五条悟
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

mito(プロフ) - 稲荷さん» ありがとうございます! (1月16日 12時) (レス) id: bf0506b15b (このIDを非表示/違反報告)
稲荷 - ふおぉぉぉ!更新頑張って下さい! (1月16日 6時) (レス) id: cdc9489625 (このIDを非表示/違反報告)
mito - 琥珀さん» あんまり恵の出て来てないので、現時点では五条落ちになると思います。更新頑張ります。 (1月15日 17時) (レス) id: bf0506b15b (このIDを非表示/違反報告)
琥珀 - 是非、五条悟落ちでお願いいたします。 (1月15日 16時) (レス) id: 8685377221 (このIDを非表示/違反報告)
琥珀 - 是非、五条悟落ちでお願いいたします。 (1月15日 16時) (レス) id: 8685377221 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:mito | 作成日時:2021年1月13日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。