占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:7 hit、合計:6,437 hit

第58話 ページ8

Aは驚いた顔をする


オイラの言葉を予想してなかったのか


彼女は答えられず口を紡ぐ


それがどんな意味を指すのかわかってしまった


オイラは彼女を抱き寄せた


*さ、サンズ?


「……なぁ、オレがどんな気持ちで
涙を流したかわかるか?」


初めて会った時、ただ驚いた


こんなニンゲンが、しかも女が


この世界を破壊していた黒幕だったなんて


けれどその事実すらも紛い物だった


こいつだけが黒幕なんじゃなくて


あの世界の全てが敵だと知って絶望した


決して救われる道は無いのだと


オレは諦めようとしていたのに


お前さんは、変えてみせるって言った


ただでさえ、魔法もろくに使えず


自分の手では生き物を


殺すことさえできないアンタが


ーーーー眩しかった


オレよりも、あのクソガキよりも


弱くて、脆くて、すぐ死んでしまいそうな


このニンゲンが眩しかった


変えられるかもしれないなんて思った


初めて、誰かの言葉で希望を抱いた気がする


だから守れなかった時、オレは酷く後悔した


せっかく考え直してくれたのに


変えたいと言ってくれたのに


Aよりも強いはずのオレは彼女を守れなかった


……違う。強かったのはAの方だ


死ぬのを怖がっていたのに


恐ろしくて震えていたのに


オレを庇って、ナイフを奪って


誰も彼もがいなくなってしまった世界を


【RESET】してくれた


そんなことをすれば自分も


消えるとわかっていたはずなのに


考える度、胸が苦しくなる


ズキズキと痛んで仕方なかった


「オレはお前を助けられなかった……
もう二度と失いたくないんだ」


*どうして……?君は、私が、憎いんでしょ?
信頼なんて、あるわけないって、そう思ってたのに


温かい涙が零れてきた


……ハハッ、ニンゲンの涙は不思議だな


その涙を拭って頬を撫でる


「今度はオイラがアンタを守る番だ。頼むから……
自分を犠牲にするのはやめてくれ」


彼女の"どうして"には答えられない


オイラだってまだ困惑してるんだぜ?これでもな


*……約束は嫌いなんでしょ


「約束じゃない。これはお願いだな」


*その言い訳は都合がいいね


Aはそこで初めて笑った


ずっと暗い顔をしていたから


笑わなくなってしまったのかと


心配したがが大丈夫みたいだな


*!!


「どうした?」


*……キャラが誰かと戦ってる


キャラが?


アイツに連れていかれて心配していたが


無事だったみたいだな

第59話→←第57話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
13人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

まな★★(プロフ) - 夢さん» ありがとうございます!ヾ(●´∇`●)ノこれからも頑張ります!! (11月14日 19時) (レス) id: 7dea6cedb8 (このIDを非表示/違反報告)
- 最高ですね!頑張ってください、応援します! (11月14日 16時) (レス) id: bb9414ec4a (このIDを非表示/違反報告)
まな★★(プロフ) - ゆうさん» ありがとうございます! (11月5日 8時) (レス) id: 7dea6cedb8 (このIDを非表示/違反報告)
ゆう(プロフ) - 続編おめでとうございます!応援してます(^^) (11月5日 6時) (レス) id: 74d9f2f81e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まなさん★★ | 作成日時:2020年11月2日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。