検索窓
今日:4 hit、昨日:2 hit、合計:42,009 hit

第11話 ページ13

桜乃side



玄関の扉を閉め、息をついた。
今日のことを思い返すと濃い内容だったなぁと、ぽけ〜っと意識を飛ばしてしまった。



「桜乃、おかえりなさい」

「あっ…、お母さん、ただいま!」



名前を呼ばれ飛んでいた意識を戻す。ずっと玄関にいるわけにもいかないと思い、ローファーを脱ぎ一目散に部屋に向かった。

部屋に入りいつも置いている場所に鞄を置く。
セーラー服を脱ぎ、シワが付かないようハンガーに掛け、部屋着に着替えた。
いつもの習慣通り、宿題をやって。あと今日は抜け出しちゃったから聞いてない授業の教科書も見とかないと。鞄から宿題のプリントを取り出し、シャーペンを片手にぼんやりと数学の問題を見つめていた。

今日は初めて学校を抜け出して、怖い人たちから東さんに助けてもらった。誰も助けてくれないんだって思っていた中、助けてくれた東さんはもの凄く格好いい人で。そんな見た目もあって王子様が助けてくれたのかと思ったくらい。
そんな王子様みたいな人が、私の話をたくさん聞いてくれた。
泣いてしまった私を、慰めてくれた。
連絡先も交換して、気軽に連絡してって、言ってくれた。
それが、とても嬉しくてまた涙が出てきた。



軽快な着信音が鳴る。
思わず画面を見ると朋ちゃんの名前が。
そういえば朋ちゃんに何も言わず出てきたんだったっと慌てて出ると朋ちゃんの怒っている声がスピーカーにしていないのに大きく響いた。



『桜乃!あんた学校サボるなんて!!』

「ご、ごめんなさい」

『今日、何かあったの?桜乃が学校を抜け出すなんてよっぽどのことがあったんでしょう?』



怒っていた声が、どんどんと小さくなって、私は朋ちゃんにすごく心配かけちゃったんだって気づいた。




「今日、特別何かあったってわけじゃないの。
いつも通り、だったんだ。廊下で先輩に色々言われて溜まってたものが爆発しちゃったみたいで」

『桜乃……。ごめんね、私気付けなくて!』

「朋ちゃんが謝ることないよ!でも、今日ね……」



私は、今日東さんと出会ったことを朋ちゃんに話した。東さんに出会って、助けてもらえたことがすごく嬉しかったから。

朋ちゃんだけじゃない、私を助けてくれた人がいたんだって、頼っていいって言ってくれた王子様みたいな人に出会ったんだって。



『悪い人だったらどうするの!?
桜乃!私に会わせなさい!見極めてあげるわ!』

第12話→←第10話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
48人がお気に入り
設定タグ:テニプリ , 青学 , 竜崎桜乃   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

バンビ(プロフ) - 猫好きさん» ありがとうございます。更新がゆっくりになってしまっていますが、続編をポチポチと作成していますのでそちらも続けて読んでいただけるように頑張らせて頂きます。 (2020年9月4日 0時) (レス) id: ff777945fb (このIDを非表示/違反報告)
猫好き(プロフ) - とても面白いです!続きが楽しみなので、これからも更新頑張ってください! (2020年9月3日 18時) (レス) id: 9581fd09d5 (このIDを非表示/違反報告)
バンビ(プロフ) - わんにゃんさん» ありがとうございます。中々更新できず申し訳ありません!!できるだけ早く更新できるよう頑張らせて頂きます。 (2020年7月2日 21時) (レス) id: ff777945fb (このIDを非表示/違反報告)
わんにゃん - とても面白くてこの作品大好きで応援しています!頑張ってください、楽しみにまってます!! (2020年6月30日 18時) (レス) id: 6ebda506cf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:バンビ | 作成日時:2020年1月2日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。