占いツクール
検索窓
今日:160 hit、昨日:190 hit、合計:24,363 hit

これから。 ページ7

ジョンハン

ここじゃなんだ。リビングで話を聞く

マネヒョンがそう言ったのでみんなでリビングに行った。

それからマネヒョンに全部話した。

MN「で、その子はこれからどうする気なんだ?

虐待を受けていて、女なんだろう?」

その時マンネラインが帰ってきた。

DN「え?ハリルヒョンは男ですよ?」

「は?」

SC「男?そんなわけないだろ?」

VN「いやでも俺ら見ましたし、俺とスングァナと同い年ですよ。」

SG「そうそう。あ、ハリルは今ボノニのベットで寝かせてますよ。」

マンネラインから出る言葉に驚きが隠せない

男?

しかもボノニとスングァンと同い年??

MG「そ、そうなんだ...ビックリしすぎて言葉でなかった。」

「右に同じ」

MN「俺は見てないからどうも言えないが、

そのハリルって子はどうするんだ?」

静まり返るリビング

MG「体調が治るまでは、ここに居させたいです。」

口を開いたのはミンギュだ。

WZ「俺は反対です。見ず知らずの奴をここに置いておくなんて、

それに、

もしかしたら宿舎バラされるかもしれないじゃないですか」

正直俺はジフンと同じ意見だ。

WN「俺もジフンに賛成」

DK「どうしても警察はダメなんですか?」

SC「ダメだ。あの子は親元には返せない。

マネヒョン。俺もミンギュと同じで、せめて体調が治るまで

宿舎にいてほしいです」

SG「...僕も、ハリルはそういうのじゃないと思います。」

DN「ぼくも...です」

MN「...わかった。1度、そいつに会ってもいいか?」

SG「案内します!」

俺らは全員でついて行って、部屋の前で待つことにした

.→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (50 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
318人がお気に入り
設定キーワード:SEVENTEEN , セブチ , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:団長の店 | 作成日時:2019年8月25日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。