占いツクール
検索窓
今日:65 hit、昨日:105 hit、合計:195,052 hit

有能、実力 ページ6

……てな訳で稽古場にやってきた。









一言でいうと、バッッカデカい。

そうだなぁ、メタくても分かりやすくいうんなら国立競技場を思い出してほしい。

めちゃんぉデカい(二回目)








天井は見上げれば首が痛くなり、壁にはありとあらゆる武器が吊られている。



ライフルにダガー、レイピアに上級兵士用の武器まで。


パーカーの男が私を振り返る。


手にはもう先程のナイフ。




「壁の武器使いたかったら好きなの何でも使ってぇや!」


おお……?心開くの早すぎないか?


彼は満面の笑みを私に向けて_____________否。









潰してやる、と…挑発の笑みか。







私は壁の武器を一瞥し、いつも愛用しているナイフ取り出す。

見た目は少し古ぼけた、錆の入っているナイフだが、隅々まで磨かれていて、腕を切り落とすのも楽勝だ。



私のナイフを見た彼は眉を上げる。



気に入らないらしい。





二階のギャラリーから稽古を見下ろせる形になっており、そこから軽蔑と戸惑いの視線を送る幹部と総統殿。






パーカーの彼は犬歯を剥き出しにし、こちらを睨み付ける。


「何なんお前。俺にナイフ一本でやるつもりか?あ?」




空気が凍える様な殺気を噴出させている彼に、

私はにへらとまた笑って見せる。







「君にはこれぐらいが充分かなってね」







思ったんだ、と告げようとすれば視界から掻き消えるパーカーの男。






速い、けど









「中々だね」




ガキンッッ、と金属音を上げ、首元へと向かって降り下ろされたナイフを愛用ナイフで受け止める。



それと同時に耳元で息を呑む音。




どうやら驚いたらしい。






けど戦場じゃそれが一瞬の命取り。









ちなみに今の攻撃をまともに受けていたら、首の頸動脈がブッチして即死だった。

有能、実力2→←有能、焦る



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (342 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1474人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , ○○の主役は我々だ , 我々だ   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- 機械が機会になってます。間違ってたらごめんなさい (9月8日 11時) (レス) id: 5ce3e5eeae (このIDを非表示/違反報告)
maple(プロフ) - グルさんとの絡みが最高すぎる…ごちそu(コホンありがとうございます!!!!!!!!! (8月25日 8時) (レス) id: 2da832078e (このIDを非表示/違反報告)
はるも - 雨菜さん» ヤバイです(笑)この先めちゃ気になります!更新頑張ってください! (8月20日 0時) (レス) id: 6896b2bbfd (このIDを非表示/違反報告)
rook(プロフ) - 画力分けろください(ぐうクズ)どうやったらめっちゃ上手く描けるんですか、画力分けろ← (8月18日 10時) (レス) id: e7f7174040 (このIDを非表示/違反報告)
エム - やったー!待ってます! (8月17日 21時) (レス) id: 639984cdf3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雨菜 | 作成日時:2018年12月17日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。