占いツクール
検索窓
今日:188 hit、昨日:510 hit、合計:197,137 hit

有能と神 ページ20

「おぉ!?A一緒に今度どっか行って飯食おうや!!」



急に私の背後から飛び出したゾム。







「お、マジかー?」









そういえば…


r国のある時に城下街のとある甘味処の在庫、

果てには材料や作り置きされていたケーキのスポンジ生地まで食べ尽くし、

泣く泣く出禁にされた思い出もあったなぁ…









甘いもの食べれなくなって毎晩枕を濡らしたな……








甘味は無くては死ぬ。









と、私の横でシャオロンが震えている。





「どうしたシャオロン誰かに会いたいんか」(



途端に全員が笑った。









どうやらウケたらしいやったぜ←







「ちゃうわ!ゾムの食害マジでAがいくら大食いでも無理があるで!!」








余裕やで、と、シャオロンに真顔でピースしていたら長身の酒臭い人が近付いてきた。









「Aちゃん面白いねぇ。俺とも話そうよ。ね?」









あ、あとホ○の匂いもするな……。









嗅覚が鋭いので分かってしまう(







「俺はしんぺい神。ここの軍医やってるから、怪我したら治してあげる」






そう柔らかい笑みを浮かべながら、しんぺい神と名乗った人が私を抱き寄せる。





大先生が悲鳴をあげた。




「Aちゃん逃げて超逃げて!!」


「え、大丈夫かA」



シッマの震え声も聞こえるぜ。







だがAちゃんは危機になったらちゃんと脱出するのでご安心を。









「俺の名前呼んでみてよ」









壁に押し付けられ、顎クイされて紙面の下の薄水色の瞳と目が合う。









今まで何も言わなかったグルッペンが焦った様に言い掛けた。




「っぺ神、それは流石に……」









だが甘く見ないで欲しい。









しんぺい神の手首を掴み、力を込め押し、しんぺい神を今度は壁に押し付ける。





身長が少し足りないが、充分だ。









目の前の彼は驚いたかの様に目を見開かせ動かない。









耳に口を寄せる。









「ぺ神、」









場を支配するしばしの沈黙。









ぺ神の顔を見れば、赤くなっていた。




「ん?」





予想外の反応だった。









「Aちゃんそれはあかんあかんあかん」






口調が崩れまくるぺ神に続いて、見守っていた幹部も赤面し奇声をあげていた。






後にトントンはこう語った






「見てるこっちは心えぐられる」。

作者は号泣するのみであった。→←有能と煽り屋



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (342 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1475人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , ○○の主役は我々だ , 我々だ   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- 機械が機会になってます。間違ってたらごめんなさい (9月8日 11時) (レス) id: 5ce3e5eeae (このIDを非表示/違反報告)
maple(プロフ) - グルさんとの絡みが最高すぎる…ごちそu(コホンありがとうございます!!!!!!!!! (8月25日 8時) (レス) id: 2da832078e (このIDを非表示/違反報告)
はるも - 雨菜さん» ヤバイです(笑)この先めちゃ気になります!更新頑張ってください! (8月20日 0時) (レス) id: 6896b2bbfd (このIDを非表示/違反報告)
rook(プロフ) - 画力分けろください(ぐうクズ)どうやったらめっちゃ上手く描けるんですか、画力分けろ← (8月18日 10時) (レス) id: e7f7174040 (このIDを非表示/違反報告)
エム - やったー!待ってます! (8月17日 21時) (レス) id: 639984cdf3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雨菜 | 作成日時:2018年12月17日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。