占いツクール
検索窓
今日:98 hit、昨日:349 hit、合計:315,840 hit

34 YOU ページ34

彼女とバッタリ会った。

彼の動揺は半端なく……

彼女が一言いって
泣きながら走って行った。

もちろん 彼は追いかけていき……

私は置いてけぼり。

彼には私の存在なんて
なかったみたい。

彼と彼女の姿が点になり 見えなくなるまで見ていた。


私は悲しくなり

私が外食なんて言ったから
出かけなきゃ こんなことならなかった。

わかっていたのに
再認識する羽目になった。

私の存在は彼女の前では無に等しく。
彼の彼女への思いも知った。



私はゆっくり歩きだしてマンションに帰った。

彼は遅く帰ってきて
顔色も悪く 落ち込んでいる。


私は謝ったが
彼から強い 大きな声が帰ってきて
自分の部屋に行った。


その日以来 彼は私と目を合わせることがない。

日に日に避けられていることを感じる。

家で食事もしなくなったし
帰りも遅くなった。





もうすぐ10ヶ月になる。

入院の準備はできている。



いつものように遅い彼を待っていた。

もう そろそろ寝ようと思った時に
お腹に痛みがでてきた。

陣痛?


でも まだ間隔が長い。

どれくらいで病院に連絡するんだっけ……

痛みがどんどん強くなってくる。

1人で大丈夫かな?って不安になる。

少し弱気になって……

彼に電話した。



中々でない……
もう切ろうと思った時に繋がった。

CM「………何?」

「私だけど……もう帰ってくる?」

CM「…………なんで?……俺がいつ帰ろうが俺の自由だろ?!」

「…………お腹が痛くて…………」

CM「……また 腹が痛いのか? よく痛くなるなぁ……体調管理は自分でしろって言っただろ?……薬飲んで早く寝ろよ!」

「…………ごめん。」

彼は電話を切った。

私は不安と痛みで涙がでてきた。

覚悟してたつもりだったけど
こんなに不安になるなんて……



さっきトイレに行ったら出血していた。

痛みの間隔も短くなってきたから
病院に連絡していかないと。

病院からはすぐに来なさいって。
タクシーを呼んで……

痛みの合間を見ながら
マンションの前にいきタクシーを待った。

割と早くタクシーはきて…
病院に着き
すぐに分娩室に入った。



…………


どれくらいたったのかな?

確か朝方だったと思うけど…
赤ちゃんの泣き声が聞こえて……


" おめでとうございます。
女の子です。"

って 声が聞こえたのが 最後で


私の意識は途切れた。

35 CM→←33 YOU



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (266 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
676人がお気に入り
設定キーワード:チャンミン , 東方神起 , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神鹿 - 初めての子なのに独りで産んだなんて どんなにか心細く不安だったでしょう!!まだまだチャンミンには反省してもらわねばなりませんよ!!そしていいアッパになって欲しいな! (7月10日 22時) (レス) id: f17246d0a2 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - チャンミン!ちゃんと両親に全てを包み隠さず全部!全部!告白したら見直してあげます!スッカリお話しに入り込んでしまっている私でゴメンなさい。 (7月10日 1時) (レス) id: 8c09381f1b (このIDを非表示/違反報告)
ここ(プロフ) - wakaさん» はい。やっとです。 (7月9日 23時) (レス) id: 334cd0dc93 (このIDを非表示/違反報告)
ここ(プロフ) - りんさん» これからのチャンミンに期待しましょう……なぜか、不安が……。 (7月9日 23時) (レス) id: 334cd0dc93 (このIDを非表示/違反報告)
ここ(プロフ) - 花さん» 悪い男だったはずなのに……馬鹿な男だったのか……花さん、厳し〜い。 (7月9日 23時) (レス) id: 334cd0dc93 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ここ | 作成日時:2018年6月27日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。