占いツクール
検索窓
今日:43 hit、昨日:317 hit、合計:120,187 hit

11 ページ12

松村side


らじらーが終わり、マネージャーに言われた通り隣の会議室に移動した



京本「北斗、なんかあった?」



「いや、なにもない、京本は?」



京本「俺もない、なんだろうね?」




2人とも思い当たることはなくてなんで呼ばれたかさっぱり分からない




3分後ぐらいにマネージャーが紙を持ってきた



マネージャー(以下マネ)「前に龍太郎くんのために採血したじゃん、その結果があんまりよくなかったの、2人とも」




2人とも→...



マネ「だから、明日東京着いたら解散の予定になってるけどきょもと北斗はそのまま残って欲しい」




北斗「検査、ですか?」




マネ「そう、それはすぐ終わるから大丈夫、夜遅くにごめんね、こんな暗い話を」



松村「分かりました」



マネ「ごめんね、よろしく」



マネージャーは会議室を出ていった



さっきから京本の反応がない



京本の方を見ると下を向いて少し震えている



そこからは自然と体が動いていて



「まだ、まだ病気って確定した訳じゃないからさ、そんな反応するなよ」



京本「うん、北斗は怖くないの?」



すごいうるうるした目で聞かれた



かわいくて理性がっ、じゃなくて



「俺だって怖いけど、まだ決まった訳じゃないから、病は気からって言うじゃん。あと、1人じゃないから」



京本「え?」



「1人だったらもっと悲しんでかたかも知れないけど、京本がいるから、2人だから、大丈夫」




俺が大丈夫って言っても何の取り柄もないけれど、京本がさっきより明るい表情でありがとうって言ってくれた



誰にも言えないけれど、ちょーかわいかった




一段落してから、歩いて3分ぐらいの所にあるホテルに行った



帰ってくるなり



樹「2人ともお帰り!こんな時間まで、何してたの?デート!? 」



とテンションが高いやつに絡まれたけど、今は乗り気になれないので無視して京本と部屋に入った



今日はグーチョキパーで部屋割りを決めたんだけど、京本と一緒になった



最初は嫌だったかが今にいたっては好都合



そこからあまり会話はしなかった



最後に、寝るとき京本が
「ねっ、怖いから一緒に寝ていい?(首コテン)」



ってしてきて、ちょっと前に言ったかわいいを通り越して、今までにないぐらいのかわいさを更新してきた



「えっえっと...」



字数の関係で切ります、ごめんなさい

12→←10



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (177 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
627人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 病系 , きょもほく
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

sky(プロフ) - 返事が遅くなってしまいすいません...応援ありがとうございます!これからもよろしくお願いします (3月31日 15時) (レス) id: 342e672c0a (このIDを非表示/違反報告)
優波(プロフ) - 更新楽しみにいてます! (3月22日 23時) (レス) id: 1193560e83 (このIDを非表示/違反報告)
sky(プロフ) - コメントありがとうございます!最近書くのが遅いのですがこれからも更新頑張るのでよろしくお願いします (3月14日 13時) (レス) id: 342e672c0a (このIDを非表示/違反報告)
ふうひな - おーこうゆう系もいいですねー。更新楽しみに待ってます! (3月12日 20時) (レス) id: 4aa92d5c80 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ピンクとグレー x他1人 | 作成日時:2020年2月29日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。