占いツクール
検索窓
今日:41 hit、昨日:9 hit、合計:15,562 hit

eighty nine ページ44

Aside

竹「ねぇ、お前ら反省してんの?」
きつい口調で言う

「はぁ?別にあんたにした訳じゃないでしょ」
タケちゃんの目が釣り上がる

竹「あたしじゃなくても友達が大変な目に遭ってんだよ。ムカつかない方が変だろ。てかお前ら覚悟あってやってんの?」

は?っと顔を顰める
竹「喘息ってお前らが思ってるよりずっとつらいんだよ!」

今にも殴りかかりそうなタケちゃんをシルクが止める
竹「咳が続くと呼吸困難で死ぬ可能性だってあるんだよ!?あんたらがしたのは殺人未遂だ、わかってんの!?」

自分のことでもないのに
私の為に怒るタケちゃん

今までそんな人に会ったことがなかったから
本当に嬉しかった

シルク「竹野落ち着けって、今殴っても正当防衛にはなんないから」
冷静にタケちゃんをなだめる

シルク「でもまぁ、1歩間違えば殺人になったってことだけ覚えといて」
シルクも鋭い目を向ける

「…ホント、何奴も此奴も足立ばっか!何なの!?ちょっと可愛いからって調子乗んなっ!あんたなんて、親に捨てられたくせに!病気のくせに!」

別になんと言われようと構わない
けど、先生がいる前で言えるのはすごいと思った

「おいっ、それは無いだろ!?これ以上言うと処分も考えるぞ!」
主任の先生を睨みつける

貴「私は…自分を可愛いと思ったことなんてないよ。調子にも乗ってない。親に捨てられたっていいよ、確かに愛されたかったよ。でも、お兄ちゃんがいるし、私の為に涙を流してくれる人がいるから」

悔しそうに顔を赤くして
ライオンみたいな目で私を睨む

シルク「病気がなんだよ。選んでなったわけじゃねぇし、そんなの俺が支えるだけ」
竹「お前らのそのケバい化粧の方が救いようねぇな」

タケちゃんは相当頭にきてるみたいで
少し間違えば飛びかかりそう

ほら、私の為に言い返してくれて
涙を流してくれて、笑ってくれる人が

他の人に比べれば少ないかもだけどいるから
私は私として、みんなに出会えてよかった

作者から ※読んで欲しい…→←eighty eight



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
141人がお気に入り
設定キーワード:Fischer's , シルクロード , シルク   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

*のの(プロフ) - せいら/うおたみんさん» コメントありがとうございました!もう少しでできるのでぜひ読んでみてください!リクエストも頂けるとありがたいです…! (11月13日 16時) (レス) id: 139f9ac550 (このIDを非表示/違反報告)
せいら/うおたみん(プロフ) - 目の色が青なのであればマサイさんがいいのでは?!(ただ単に私がマサイさん推しって要素もちょっとはあります←)私はマサイさんオチに投票します! (11月10日 23時) (レス) id: 2c14e8117c (このIDを非表示/違反報告)
六娘 - 全然大丈夫です!(どこ目線)むしろ、私も読みたいですw (10月25日 23時) (レス) id: 017157226e (このIDを非表示/違反報告)
*のの(プロフ) - ☆朝風☆さん» 分かりました!この直後からか続きで書きますね!この小説にそのまま付足す形になるのでぜひ読んでください!もしよろしければほかの小説も見てみてくださいm(_ _)m (10月25日 7時) (レス) id: 139f9ac550 (このIDを非表示/違反報告)
*のの(プロフ) - 六娘さん» コメントありがとうございます!付き合って直後が読みたいという方がいるので、この続きも書いてちょっとずつ大人にしていこうかな…?少し時間がかかりますがいいですかね…? (10月25日 7時) (レス) id: 139f9ac550 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:鳴海 帆南 | 作成日時:2019年10月4日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。