占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:1 hit、合計:16,311 hit

第23話 冷たい ページ25

グラウンド中央に整列する両者



円堂「俺は、雷門中キャプテン「バダップ)円堂守だな」あ、あぁ」


バダップ「バダップ・スリード」


円堂「いい試合にしよう、よろしくな!」


バダップ「くだらない。戦場で敵と馴れ合おうとは…」


円堂「戦場…?」


バダップ「戦闘準備!」



手を上にあげるバダップ



バダップ「散開せよ」


ザッザッザッ



それを合図に、王牙は各ポジションに行く



鬼道「円堂、俺達もポジションにつくぞ」


円堂「あ、あぁ」



そして違和感の中で始まった決勝戦だが

王牙は全く動かない


そしてシュートを放とうとすれば、それは王牙によって素早くカットされる

それが何度も繰り返され、攻めきれない雷門のストレスばかりが溜まっていく



ピッピーーーーッ


《前半終了ーーー!!》



0−0で前半が終了し、ベンチで各々が思いを述べる



染岡「どうもスッキリしねぇ…」


豪炎寺「攻めきれない。と言えばわかるか?もう一つ…深く入り込めないんだ」


壁山「俺、なんかイヤな感じがするっス……」


円堂「みんなしっかりしろ!!確かに俺も、なんて言ったらいいか分からないけど…でもみんな!!後半もこんな気持ちで戦うのか!!?」


染岡「でもどうすりゃいいんだよ…」


貴「………」



ただ腕を後ろで組み、真っ直ぐ前を見ているミストレを

Aは何か想うようにじっと見つめていた



貴(どうして…?貴方は、あんなに温かかったのに……どうして貴方のサッカーは、こんなに冷たいの…?)



思い出すのは、彼の腕の中にいた時に感じた

あの優しい温もり

そして海で見た、優しい笑顔

第24話 負傷→←第22話 謎の



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

鈴松信@違反報告する時は声かけてね(´;ω;`)(プロフ) - うわぁぁぁぁ、これは…なんとも切ないぃぃぃ…めちゃ感動しました!(´;ω;`) (12月9日 12時) (レス) id: e085487720 (このIDを非表示/違反報告)
raku(プロフ) - めちゃくちゃ好きです...!ありがとうございました!! (2018年7月26日 14時) (レス) id: 77cb868258 (このIDを非表示/違反報告)
KANA(プロフ) - ミストレの小説もっと作ってほしいです! (2018年6月9日 0時) (レス) id: 7cbd7746b4 (このIDを非表示/違反報告)
KANA(プロフ) - めっちゃ面白いです! (2018年6月8日 0時) (レス) id: 7cbd7746b4 (このIDを非表示/違反報告)
Fukumin - とても最高な小説でした。゚(゚´Д`゚)゚。また、こういう小説を書いて欲しい(´・ω・`) (2018年5月15日 18時) (レス) id: b430bf22da (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:マシマロ王子♪ | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/masipage/  
作成日時:2018年4月29日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。