占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:1 hit、合計:11,935 hit

58 ページ12

.

涼太くんがどこかに行ってしまったから
いろいろと涼太くんのこと考えてた。笑


綺麗だなーとか
可愛いなーとか
スタイルいいなーとか
可愛いなーとか笑




あ「……世の中不平等だ。」




私だってもう少し可愛く産まれたかったさ。




涼「...ん、ごめんね?」

「これ、どうぞ」




あ「……優男」



涼「ふふ...なにそれ笑」




涼太くん、私のためにココア買ってきてくれたみたい。
もう優しいな。



涼「...(名前)ちゃん、鼻赤くなってる」

「マフラー貸してあげるよ」


あ「え!?……巻いてるよ!?」


涼「二重でいこう!」



なんかすごくでかい人になったよ

カメラマンさんめっちゃ笑いながら撮ってるし






.




.



涼「今日はありがとうございました!」


あ「ありがとうございました!」




知ってる人との撮影だったから
すごくリラックスして撮影できた


今日はほんとに涼太くんとの仕事でよかった。





涼「(名前)ちゃん、この後暇?」

「ご飯いこ?」



あ「ぜひ!!」





.




涼太くんからの誘いだったから行ったのに。

行かなきゃ良かったなんて…。



涼太くんのせいではない。
きっと私が自分をセーブ出来なかったから。




この後、私は後悔する。

.

59→←57



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
223人がお気に入り
設定キーワード:佐野玲於 , GENERATIONS , 白濱亜嵐
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:片寄 | 作成日時:2017年1月11日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。