占いツクール
検索窓
今日:19 hit、昨日:150 hit、合計:33,197 hit

46 ページ8

「あいつが遅いなんて珍しいよね」




一生懸命走る大我くんの姿はいつもの王子様みたいな彼とは違って、少し可愛い




「あああ、、疲れた、!北斗さんきゅ、おはよ」



「おはよ」



大我くんが私に気付く様子はない



『大我くん、おはよう』


前までの私とは違うんだ


逃げない




「あれ、Aちゃん、、!おはよう。恥ずかしいとこ見られたなー」


そう言って笑う大我くんも愛おしい




『ぎりぎりだね、笑』


「間に合えばいいの。」




子供みたいに反論してくる大我くん







そしてふと横を見ると何か不満そうな顔をする松村さん




「俺も敬語じゃなくていいよ」



前も大我くんに言われたことだ



「Aちゃんに心開いてもらうのめちゃくちゃ大変なんだよね〜」



大我くんが私をからかう



『ごめんなさい、、、。』





「あ、別に謝らなくていいから!ただ距離感じるんだよね」




『そうだよね、、!じゃあ北斗くんって呼んでいいかな?』









そう言うと北斗くんの表情は、花火大会のときに"似合ってる"と言ってくれたときのような優しい表情だった






でもこの人は大我くんや慎太郎とは違う




安心感がある

47→←45



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (62 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
368人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 京本大我 , 森本慎太郎   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あぷる(プロフ) - めるさん» コメントありがとうございます!最近更新出来ていなくてすみません(汗)ご期待に応えられるよう、頑張ります! (3月28日 23時) (レス) id: a22ab0fda4 (このIDを非表示/違反報告)
める - このお話大好きです!更新楽しみにしています! (3月28日 22時) (レス) id: a213f92446 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - あぷるさん» いえいえ。 (2月14日 16時) (レス) id: 7bfcf4fe6a (このIDを非表示/違反報告)
あぷる(プロフ) - 鈴さん» すみません忘れていましたm(__)m すぐ外しておきます! (2月14日 16時) (レス) id: a22ab0fda4 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - オリフラ、外した方がいいと思います。 (2月14日 15時) (レス) id: 7bfcf4fe6a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:美海 | 作成日時:2020年2月14日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。